CP -ONLINE REPORT MEDIA from TOKYO・CREATORS PARK- 東京・クリエイターズパーク

  • YouTube
  • facebook
  • twitter
  • RSS
TOP | NEWS

IMPOSSIBLE TOKYO NEWS : 荒木経惟「BLACK FRAME 遺影」

2011.08.18 up
IMPOSSIBLE TOKYO NEWS : 荒木経惟「BLACK FRAME 遺影」
       

 IMPOSSIBLE PROJECT SPACE TOKYOオープン時より作品を展示するなど、かねてからIMPOSSIBLE社と交流のある荒木経惟氏が13年ぶりに台湾での個展を開催する。今回の作品ではクロフチのモノクロフィルムにて撮り下ろした未発表の作品が展示される。

 

 この個展のプロデュースに参加するIMPOSSIBLE TOKYOチームが荒木氏に同行し、展示風景や独占インタビューを随時tumblrfacebook上で公開予定。

 

 

 日本人は光を撮るっていうが、写真は影を撮るもの。光で影を撮る。(荒木経惟)

 1992年、台北ビエンナーレが台北市立美術館を会場にスタート。このビエンナーレが国際展となった、第四回(1998年)の総合テーマは「欲望場域(Site of Desire)」。初の国際展で、日本代表として招聘された荒木経惟は、台北での撮り下ろし作品を展示しました。

 以来、13年ぶりの、天才アラーキーによる個展が、台北市に今年5月に新設された現代美術ギャラリー、藝饌堂で9月9日より開催されます。

 

展覧会タイトルは、「ブラックフレーム 遺影」
写真は撮れば遺影になる。花だろうが女だろうが黒ワクである。

もともとは、黒ワクのインスタントフィルムでモノクロームを撮ってるうちに、

そういう気分になったことが始まりだけどね。(荒木経惟)

 トップモデルたちを峻烈なシャッター音でファインダーにおさめた荒木独自のファッションフォト、これまでに撮りつづけてきた女性たちのカラーポートレート、クルマドと荒木により命名された走る車の窓から撮影された街の風景…

 

 そして、本展のインスピレ―ションの発端となったブラックフレームのインスタントフィルム作品およそ400点により構成される本展。

 

 いまのアラーキーのアンテナが感知する、東京の気分と時代感覚を展示作品に投影させる、という現在進行形のコンセプトのもと、すべて未発表作品が選ばれています。

 会期:2011年9月9日~25日

 会場:藝饌堂

 

 本展にあわせ、日本写真の現在を同時代的にとらえるフォトマガジン『M.A.D.』が台北・東京で同時発売。
 9月9日発売となる第一号では、荒木経惟「BLACK FRAME」をフィーチャーいたします。

 ※MAD MAGAZINEはPX600UV+ BLACK FRAMEと一緒にパッケージされ9月9日に日本、台湾同時発売、

 9月15日(予定)でアジア全域で限定発売されます。

 お問い合わせ先:tokyo@the-impossible-project.com

 

 

 For international visitors:

 

 

荒木経惟 ARAKI NOBUYOSHI「BLACK FRAME 遺影」

 Some says that photograph is to shoot the light but the real photography is to shoot the shadows. (Araki)

 In 1992. There is Group exhibition called “Taipei biennale” started.

 4th exhibition in 1998 it become world wide andas a delegation of Japan Araki has been to Taiwan and shot the theme

in original country and exhibit his very first work in Taiwan.

 After 13 years The legendary Japanese photographer Araki nobuyoshiis back in Taiwan to show everything he does right now.

 The exhibition titled「Black Frame 遺影」

 The inspiration of Black frame is basic human mind thatwhen showing photographs in Black frame is for funeral.

 I thought this is the perfect feeling that I now stand for.

 

 I started to think about this project when shooting with new Impossible PX600UV+ Black frame earlier this year. (Araki)

 

 With the strong shutter, and speed, the beautifully unique fashionmodel photos as well as his early project Color portrait of the ladies.

 And his new project called “KURUMADO(shoot from the car window)”

 The basic inspiration of black frame, Instant film works with PX600UV+ black frame of around 300pieces.

 He is going to show us the latest Araki world which is just the feeling of Tokyo right now and the generation now in Tokyo that all comes into his photography.

 

 The concept is “real time”.

 This exhibition will synchronize Tokyo and Taiwan in same time being.

 The works to be exhibited at this exhibition is the very new works and this is the very first opportunity to see.

 The exhibition is also combined with the newly launched photo magazine called “M.A.D” the very first release on 9th of September 2011, we will be featuring Araki Nobuyoshi and his world.

 

 Any information please contact tokyo@the-impossible-project.com

POSTED BY
Mitsutomo KAWAMURA
Mitsutomo KAWAMURA
1977年生まれ。洋服だけでなく、あらゆるジャンルの"表現者"と共にシーンを創る、
そして紡ぐということをコンセプトに2006年にエージェント4Kを設立。