CP -ONLINE REPORT MEDIA from TOKYO・CREATORS PARK- 東京・クリエイターズパーク

  • YouTube
  • facebook
  • twitter
  • RSS
TOP | NEWS

WEAR THE PHILOSOPHY 2015-16 Fall / Winter

2015.06.24 up
WEAR THE PHILOSOPHY 2015-16 Fall / Winter
       

ボーダー好きにとっては、ベーシックで着心地の良いカットソーは毎シーズン気になるところ。
WEAR THE PHILOSOPHY(ウェア ザ フィロソフィ)では、秋冬もこだわり抜いた生地を使った
定番のカットソーをはじめ、ジェンダーミックスなシルエットが今季らしい、カシミヤ入りのニットなどが登場。
 
 
カットソーをはじめ、ジェンダーミックスなシルエットが今季らしい、カシミヤ入りのニット
 
 
シンプルで飽きのこないアイテムは、スポーツシックなデイリーウェアであり、
ほどよい女性らしいシルエットや暖かみのあるカラーバリエーションが揃う秋冬では、様々なスタイリングを楽しむことが出来る。
カーリングから着想を得たキャッチーなデザインニットや、バスク地ボーダーのセットアップは、大人の女性のデイリーウェアとして、抜け感やリラックス感をもたらしてくれる。
 
 
定番のボーダーカットソー
 
定番のボーダーカットソーは、生地から研究を重ね出来た、こだわりぬいたアイテムであり、
ゆとりのあるアームホールと1ミリ単位から調整をかけたピッチのバランス、厚地の生地感など
着れば着るほど、体に馴染んでくるおすすめのアイテム。
ロゴにある5のナンバーは、クローゼットの中のマイ定番アイテムの5番目には
取り入れてほしいという思いからデザインされたもの。
 
ブランドのロゴマークでもある、豚さんマークがポイントの赤いセーターは、
太めのリブのネックラインと少しゆとりのあるシルエットで、着心地はもちろん、
きちんと感もしっかりある。カーディガンとのアンサンブルに加え、こちらはKIDSも発売予定。
10年着れる服を目指したこのレーベルのアイテムは、ライフステージが変化していく中でも、
長く愛用したいと思えるはず。
 
 
ウェア ザ フィロソフィ(WEAR THE PHILOSOPHY)は、ユージュのデザイナー弓削匠がアートディレクターを務める日本のカジュアルブランド。ミュージックセレクター、スタイリスト、フォトグラファーがこのレーベルのコアメンバーとなり、様々な表現者と共に新たな挑戦をしていく。
ヨーロピアンカジュアル、スポーツシックを根幹に据えた服作りが特徴。20代から50代まで、様々な年代の人が着ることのできるベーシックなスタイルを提案している。
テキスタイルは、時を経て味がでてきたり、美しく変化していったりするような、こだわりぬいた素材を開発。10年着れる服を目指し、紡績、機屋(はたや)と研究を重ねている。
 
 
WEAR THE PHILOSOPHY
 
WEAR THE PHILOSOPHY (エプタモーダ)
http://wearthephilosophy.com

POSTED BY
Yu ASADA
Yu ASADA
横浜育ちの生粋の”はまっこ”
N.Y.留学時に東海岸のファッション、カルチャーシーンには特に影響を受けることもなく、
帰国後、某大手ファッション代理店に勤務。現在、ファッションPR 4Kにてレディス部門に所属。
LINK : Instagram