CP -ONLINE REPORT MEDIA from TOKYO・CREATORS PARK- 東京・クリエイターズパーク

  • YouTube
  • facebook
  • twitter
  • RSS
TOP | NEWS

注目のブランド「A Line A Day」2015AW LOOK公開です!

2015.09.16 up
注目のブランド「A Line A Day」2015AW LOOK公開です!
       

2014SSシーズンにスタートしたブランド「A Line A Day(ア ライン ア デイ)」。
 
普遍的でありながらも現代的であり、懐かしさもありながら新しくもある。
哲学的かと思いきや、とても短絡的だったり。。
そんな個人的注目している同ブランドを皆さまに知ってもらうべく、デザイナーに簡単な質問を投げかけてみました。
 
合わせまして2015A/Wシーズンルックをご紹介。
 
 
■まずはブランドコンセプトや理念的なものからお伺いできますか?
ブランドコンセプトは「古きを訪ねて新しきを知る」
過去から学び、今を表現することをコンセプトとしています。
ヴィンテージクロージングなどに見られる手法やデティールを手本としながらもレプリカではなく、それらを生かした今を感じるオリジナルクロージングを目指しています。
 
■自身のレーベルを立ち上げるに至った経緯を教えてください。
ファストファッションのようなファッションも好きだけど、燻製の様なファッションも好きで、その両方を表現できたらなぁ~と思い始めました。
 
■今回のコレクション全体としてのテーマ的なものってありますか?
2015FWのテーマは「SOTS ART」(ソッツアート)
ソッツアートとは1970年代に旧ソ連で起こった芸術運動です。
閉鎖的かつ抑圧的な独裁的社会主義に反発した国家非公認の芸術運動で、芸術家達は自国での作品発表を許されずアメリカで祖国ソ連を憂いて活動していました。
祖国を追われてもなお訴える意味と価値・・・
今の日本と照らし合わせ、このテーマを選びました。
 
■ブランドの定番アイテムはありますか?
ブランド名の「A Line A Day」(ア ライン ア デイ)は日記帳という意味です。
定番アイテムとして「5年用日記帳」を毎回リリースしています。
また、毎シーズンのテーマに合わせた時代のシーンへ、ブランドロゴにある少年が旅をしているグラフィックをプリントした「TRAVEL TEE」もリリースしています。
 
■ブランド立ち上げから今に至るまでで変化したことはありますか?
自分らしさや自分の考えを表現することのみを大事に思って始めましたが、表現するだけではなくどうやったら人に伝える事が出来るか?どうしたら人に提議出来るかを考えるようになりました。
 
■逆に変化していないことはありますか?
物作り、洋服への取り組む姿勢
 
■どんな人に着てもらいたいですか?
オシャレじゃなくてもいいから、オシャレしたい人
 
■どんな着方をしてもらいたいですか?
洗濯が出来ないくらい、ついつい毎日着てしまうお気に入りとして。
 
■今後ブランドとしてトライしたいことや、作ってみたいものはありますか?
1つの映画の衣装全てを作ってみたいです。
 
 
現在2016SSシーズンの展示会も開催している模様。
まだアイテム数は少ないながらも、今後の展開がとても楽しみなブランドです。
info@aline-aday.com
 
 
最新のイメージルックはこちら。

POSTED BY
Hironori SATO
Hironori SATO
今は亡き原宿の名店プロペラから裏原の名店モータウンへ転職という、珍しい道を歩む。
アメカジ発ドメスティック経由、4K着。さまざまなファッションを見てきたことを武器に理由のあるモノを
伝えていきたい。ファッションの基本「モテたいから」ということを日々忘れずに精進中。
LINK : 4K