CP -ONLINE REPORT MEDIA from TOKYO・CREATORS PARK- 東京・クリエイターズパーク

  • YouTube
  • facebook
  • twitter
  • RSS
TOP | NEWS

LACOSTE L!VE スペシャルインタビュー:山崎ひかり(イラストレーター)

2011.08.29 up
LACOSTE L!VE スペシャルインタビュー:山崎ひかり(イラストレーター)
       

LACOSTEのヤング向けの新ラインとして今年登場し、先日8月25日に盛大なローンチパーティーを開催したLACOSTE L!VE。その旗艦店であるLACOSTE L!VE原宿オリンピア点の店内のアートウォールには、アーティストによる描き下ろしのウォールペイントが展示されている。次回のコラボレーションアーティストはイラストレーターの山崎ひかりさんだ。彼女の独特の作風やLACOSTE L!VEとのコラボレーションの感想などを聞いてみた。

 

 

 

―アーティストとして活動されるようになった経緯を教えてください。

 

山崎: 絵を描くことは幼い頃から好きだったのですが、大学在学中はグラフィックデザイナーを目指していました。ある日、教授にラクガキのスケッチブックを見せたところ「ちゃんと絵の具で描いてみたら?」と言われ挑戦したらすごく楽しくって、作品を作り始めました。その後、FM802が主催しているdigmeoutのアーティスト発掘オーディションを通過したことがきっかけで絵でやっていこうと決めました。

 

  

 

―山崎さんの作風はときに「エロかわ」というキーワードで表現されますが、現在の作風はどれくらい前から確立されたのでしょうか?

 

山崎: これも大学生のときです。絵を人に見せたときにそう言われることが多くて自覚しました。女の子の体の曲線を描くのが好きなので、水着や体のラインがわかる服装を描くことが多いですね。セクシーな目元も、自分がギャルメイクをしていたなごりで、まつげをたくさん描かないと気が済まないんです。でもエロティックなだけではなく、横にちょっとマヌケなキャラを描いたりして崩すのが好きです。

 

  

―自分の作品を通して表現したいこと、発信したいメッセージがありましたら教えてください。

 

山崎: 私にとって絵を描くことは頭の中の整理で、つねに今の自分の脳内を絵に描いている感覚です。女の子のふわふわ変わりやすい気分を表現したいと思っています。美しいところやかわいらしいところだけじゃなくて、ちょっと残酷でグロい内面など、女の子の本質も表現したいです。だけど暗い悩みや負の感情などのマイナスな面は出したくなくて、作品を見た人にプラスの要素を発信したいです。かわいくてハッピーでしょ?って。基本脳天気です。

 

  

―今回LACOSTE L!VEのアートウォールを制作していただきましたが、LACOSTE L!VEにはどのような印象を持たれましたか?

 

山崎: LACOSTE L!VEのホームページを拝見し、ショップにも行ってみて、カラフルでハッピーなエネルギーに溢れているという印象を受けました。どちらも見た瞬間に楽しい!と感じました。ポロもいろんな色があるので、自分にピッタリの色を探してみたくなりますね。
 

 
―普段からコラボレーションは積極的に行っていらっしゃいますか?

 

山崎: コラボレーションは今回が初めてです。ショップや商品などからインスピレーションを受けてそれを自分の作品を通して表現することは面白いと思いました。これからも積極的に行っていきたいです。

  

 

―今回のアートウォールのコンセプトを教えてください。

 

コンセプトは「エネルギー」です。LACOSTE L!VEからエネルギッシュな要素と共に、落ち着きやエレガントさも感じました。ワニのようにゆったりと横たわる女の子と、賑やかな構図や色彩で、LACOSTE L!VEのイメージを表現しました。

  

 

―今後の活動の予定などを教えてください。

 

現在大阪のdigmeoutART&DINERで初個展「キラキラ脳みそ」を開催中です。9月は「2◯一一」という約40名の作家が参加するアーティストブックが発売されます。高円寺のAMPcafeで完成披露グループ展もあります。そして、9月後半からは大阪の期間限定アートショップで作品販売が予定されています。

 

 

 

山崎ひかり
1988年 神奈川県生まれ。2009年 digmeoutオーディション通過。
2010年 女子美術大学デザイン学科卒業。
アクリル絵の具やカラースプレーを使用し、エロカワな女の子や不思議なキャラクターを描く。
ピンク、キラキラ、ふわふわ、もこもこなペインティングは、決してオタク的世界では収まりきらない独特の世界観を表現している。

最近では絵の中に自分の顔写真を入れた作品を発表。

http://pikari-bunny29.jimdo.com/

 

 

POSTED BY
Mitsutomo KAWAMURA
Mitsutomo KAWAMURA
1977年生まれ。洋服だけでなく、あらゆるジャンルの"表現者"と共にシーンを創る、
そして紡ぐということをコンセプトに2006年にエージェント4Kを設立。