CP -ONLINE REPORT MEDIA from TOKYO・CREATORS PARK- 東京・クリエイターズパーク

  • YouTube
  • facebook
  • twitter
  • RSS
TOP | NEWS

theatre tokyo 坂本龍一キュレーション#1

2012.07.03 up
theatre tokyo 坂本龍一キュレーション
       




過日、埼玉県立近代美術館にて「草間彌生 永遠の永遠の永遠」展に行った折に触れた、
草間彌生がニューヨークで前衛芸術家集団に参加して、「ハプニング」という伝説的なパフォーマンスを
行っていたということ。
当時、世界はあらゆるところで、エネルギーがふつふつとしていた。

60年代のアンダーグラウンド文化の最前線であった新宿。
横尾忠則、唐十郎と状況劇場、紀伊国屋書店の創業者・田辺茂一など、エネルギーあふれる「新宿文化」のなかで、
セックスとは何かと考えるカップル(横尾、横山リエ)。
そんな折、街では激しいデモや投石が始まる。

この映画を通して、「いま」というわたしたちの立ち位置を考える映画になりそうだ。
半世紀という時を超えて、いま必要なカルチャーのエネルギーを感じたい。



大島渚 監督作品 『新宿泥棒日記』(1969)
上映館:theatre tokyo
上映期間: 7/7(土)-20(金)

POSTED BY
Junko HONMA
Junko HONMA / Movie Journalist
「クリエイターとのダイアローグからそのさきへ。そんな“場”をつくっていけたら。」
2012年より映画の上映会や配信の運営、PR、TVドキュメンタリーの制作の現場を経て、“ことばで伝える”ことに立ち返り、表現を取り巻く状況が大きく変わりゆく時代の中で国内外で“領域”を越えて、新たな取り組みに挑戦しつづけるクリエイターのいまをお伝えします。本サイト「theatre tokyo/ creators park スペシャルインタビュー」ほか、ウェブマガジン『HYPEBEAST.JP』ではライフスタイル、カルチャーの翻訳を担当中。大阪の制作、エキストラで初参加させていただいた、リム・カーワイ監督作品『Fly Me to Minami~恋するミナミ~』DVD/iTunes配信も絶賛発売中!!