CP -ONLINE REPORT MEDIA from TOKYO・CREATORS PARK- 東京・クリエイターズパーク

  • YouTube
  • facebook
  • twitter
  • RSS
TOP | NEWS

theatre tokyo 坂本龍一キュレーション#2

2012.07.10 up
theatre tokyo 坂本龍一キュレーション
       

                                                                                                                       (C) Sogetsu Foundation



映画音楽というのは、挿入曲とは違うのだ、ということを
この映画を観て考えさせられる。
いつの頃から、映画と音楽のギリギリのせめぎ合いが崩れてしまったのだろうか、と。

1956年にメルボルン・オリンピックで話題を呼んだプエルトリコ出身の、駆け出しのプロボクサー、ホゼー・トレス。
ニューヨーク・マンハッタンを舞台に、当時の白人社会の中で闘うひとりの移民ボクサーを
臨場感あふれる武満徹の音楽とともに観る2部構成のドキュメンタリー。

大衆作品から、ATG(アートテアターギルド)などに代表される前衛系のものに至る約100作品の映画音楽製作に携わり、
映像と音楽との在り方を模索し提示し続けた、武満徹による音楽と、
前衛的実験的手法で魅せる勅使河原宏監督による映像とのせめぎ合いが、主人公のボクサーとしての闘いに重ねられる。



勅使河原 宏 監督作品 『ホゼー・トレス』
上映館:theatre tokyo
上映期間:
2012年7月14日(土)~7月27日(金)   『ホゼー・トレス』 (1959年 25分)
2012年7月21日(土)~8月3日(金)   『ホゼー・トレス PartII』 (1965年 54分)

POSTED BY
Junko HONMA
Junko HONMA / Movie Journalist
「クリエイターとのダイアローグからそのさきへ。そんな“場”をつくっていけたら。」
2012年より映画の上映会や配信の運営、PR、TVドキュメンタリーの制作の現場を経て、“ことばで伝える”ことに立ち返り、表現を取り巻く状況が大きく変わりゆく時代の中で国内外で“領域”を越えて、新たな取り組みに挑戦しつづけるクリエイターのいまをお伝えします。本サイト「theatre tokyo/ creators park スペシャルインタビュー」ほか、ウェブマガジン『HYPEBEAST.JP』ではライフスタイル、カルチャーの翻訳を担当中。大阪の制作、エキストラで初参加させていただいた、リム・カーワイ監督作品『Fly Me to Minami~恋するミナミ~』DVD/iTunes配信も絶賛発売中!!