CP -ONLINE REPORT MEDIA from TOKYO・CREATORS PARK- 東京・クリエイターズパーク

  • YouTube
  • facebook
  • twitter
  • RSS
TOP | NEWS

私たちを虜にするファッションと映画の関係: 山崎まどか著『女子とニューヨーク』

2012.09.15 up
私たちを虜にするファッションと映画の関係: 山崎まどか著『女子とニューヨーク』
       

先日のDOMMUNEでの五所純子さんとのトークライブ「実写版『女子とニューヨーク』でも、
先月末の発売後から品切れ続出と伝えられていた『女子とニューヨーク』。

2010年にメディア総合研究所主催「游歩塾」での山崎まどかさんによる講座「『SEX & THE CITY』の文化史」が書籍化されたもの。
一度観たら元気になれる、世界中を虜にした『SEX & THE CITY』(1998~2004)、『GOSSIP GIRL』(2002〜)、『UGLY BETTY』(2006~2010)、『プラダを着た悪魔』(2006)、『ファッションが教えてくれること』(2009) などの米・テレビドラマシリーズ、映画の華やぎ女子のニューヨークの世界。

世界で最も古いファッション誌『Harper’s Bazaar』(1867〜)と後に創刊された『VOGUE』(1892〜)。
1950年代から60年代にかけてのこれらの雑誌に目がなくて、オークションで買った何冊かが宝物という著者。

この世界的に権威あるファッション誌の伝説的な女性編集者たちに端を発する、オードリー・ヘップバーン主演の『パリの恋人』といった黄金期のハリウッド映画の伝統を受け継ぐ一つの系譜として、当時のカルチャー・シーンに登場する主要な人物も交えて、アメリカという社会におけるニューヨークという土地と、そこに生きる女子たちの生き方を浮き彫りにしていく。

この本を片手にもう一度再見するもよし、初めて触れる作品を辿っていくのも、ありがたく愉しい出会い。
英語版が出るのなら、アジアのおしゃれな友人たちにもぜひススメたい本のひとつ。



メディア総合研究所刊
『女子とニューヨーク』(2012)

山崎まどか

文筆家、コラムニスト。
東京生まれ。清泉女子大学文学部卒業。
著書に『乙女日和』(アスペクト)、『女子映画スタイル』(講談社)、共著に『ハイスクールU.S.A』(国書刊行会)など。

website: http://romanticaugogo.blogspot.com/

POSTED BY
Junko HONMA
Junko HONMA / Movie Journalist
「クリエイターとのダイアローグからそのさきへ。そんな“場”をつくっていけたら。」
2012年より映画の上映会や配信の運営、PR、TVドキュメンタリーの制作の現場を経て、“ことばで伝える”ことに立ち返り、表現を取り巻く状況が大きく変わりゆく時代の中で国内外で“領域”を越えて、新たな取り組みに挑戦しつづけるクリエイターのいまをお伝えします。本サイト「theatre tokyo/ creators park スペシャルインタビュー」ほか、ウェブマガジン『HYPEBEAST.JP』ではライフスタイル、カルチャーの翻訳を担当中。大阪の制作、エキストラで初参加させていただいた、リム・カーワイ監督作品『Fly Me to Minami~恋するミナミ~』DVD/iTunes配信も絶賛発売中!!