CP -ONLINE REPORT MEDIA from TOKYO・CREATORS PARK- 東京・クリエイターズパーク

  • YouTube
  • facebook
  • twitter
  • RSS
TOP | NEWS

Documentary "Nuclear Nation -The Fukushima Refugee Story-" 『フタバから遠く離れて』

2012.10.09 up
Documentary Nuclear Nation The Fukushima Refugee Story『フタバから遠く離れて』
       

フタバとは福島第一原発の5号機と6号機のある福島県双葉町のこと。
事故によって、町全体が警戒区域となり、町民1423人が一町丸ごと250km離れた埼玉県旧騎西高校へ避難。
故郷とともに全てを失った町民の日常を、広島の被曝2世の舩橋淳監督が9ヶ月間にわたって寄り添い記録したドキュメンタリー。

本作に共感した音楽家・坂本龍一がエンディングテーマ曲 「for futaba」を提供。
ベルリン国際映画祭での舞台挨拶では「双葉の人たちに感情移入して何度か泣いた。日本の原子力政策を変えたい。」と述べた。

もし、震災がなかったら、双葉町には7号機と8号機の建設が決まっていた。
それしか町を成り立たせる方法はない、という当時の選択だったという。
そして、震災によって何が起きたのかを体験している日本を生きる私たちの国土のなかに、
それでもなお原発がないと経済が立ち行かないという経済の幻想とは、いったいどういうことなのだろう。

時の経過につれて避難所である埼玉県旧騎西高校から
それぞれの住宅を見つけて引っ越していく町民。
霞が関でのデモで国会議員に「わたしたちの町を返して!」と訴えつつも、
双葉へ帰ることが叶わない現実を知っているのだと、肩を落とす。

私たちは自分たちの明日を選択できる。
ここから私たちは自分たちの明日をデザインする。

現在web上の映画館theatre tokyoで行われている特別先行上映は 10月16日 (火)まで。

10月13日(土)より、オーディトリウム渋谷ほか全国順次ロードショー


25日まで連日舩橋監督とゲストによるトークショーが開催されます。
14日には井戸川克隆・双葉町長、双葉町避難所のみなさんから直接お話を伺うことができます。
トークショーのない日も基本的に舩橋監督は映画館にいらっしゃるそうです。
トークショースケジュールはこちら

 




舩橋淳監督作品 
『フタバから遠く離れて』 (2012) 96分
エンディングテーマ曲「for futaba」 坂本龍一



【公式サイト】 
http://nuclearnation.jp/jp/
【公式フェイスブックページ】
http://www.facebook.com/groups/futabakara/

©2012 Documentary Japan, Big River Films

POSTED BY
Junko HONMA
Junko HONMA / Movie Journalist
「クリエイターとのダイアローグからそのさきへ。そんな“場”をつくっていけたら。」
2012年より映画の上映会や配信の運営、PR、TVドキュメンタリーの制作の現場を経て、“ことばで伝える”ことに立ち返り、表現を取り巻く状況が大きく変わりゆく時代の中で国内外で“領域”を越えて、新たな取り組みに挑戦しつづけるクリエイターのいまをお伝えします。本サイト「theatre tokyo/ creators park スペシャルインタビュー」ほか、ウェブマガジン『HYPEBEAST.JP』ではライフスタイル、カルチャーの翻訳を担当中。大阪の制作、エキストラで初参加させていただいた、リム・カーワイ監督作品『Fly Me to Minami~恋するミナミ~』DVD/iTunes配信も絶賛発売中!!