CP -ONLINE REPORT MEDIA from TOKYO・CREATORS PARK- 東京・クリエイターズパーク

  • YouTube
  • facebook
  • twitter
  • RSS
TOP | NEWS

theatre tokyo/creator's park スペシャルインタビュー

2012.11.12 up
theatre tokyo creator’s park スペシャルインタビュー
       

Vol.5 カンボジア・愛される映画は、時間も国境も越える〜ティア・リム・クゥン監督〜


text/photo/translation : 本間順子 (creator’s park)
special thanks : 福富友子さん(カンボジア語通訳/映画字幕監修)

* 一部名称が公式プログラム等における表記とは異なります。原語の音声に則した表記としたことを予めお断り申し上げます。

先月28日(日)に閉幕した第25回東京国際映画祭。そのアジアの風部門「ディスカバー亜州電影~伝説のホラー&ファンタ王国カンボジア」最終日、40年の時を経てスクリーンに蘇り、大入り満員の会場を沸かせた、本映画祭最年長監督である在カナダ・カンボジア人、ティア・リム・クゥン監督の『天女伝説・パウ・チューク・ソー』(1967)と『怪奇ヘビ男』(1970)。

1960年代から70年代に映画王国として黄金期を迎えていたカンボジア。最盛期には首都プノンペンの小さな街区に30館もの映画館があったという。しかし1975年のクメール・ルージュによるポル・ポト政権の樹立によって、映画監督、俳優、そして歌手が命を奪われ、400本ものフィルムから現存するのは30本。

当時の名プロデューサーを祖父に持つダヴィ・チュウ監督が戦禍に散逸していたフィルム、当時の名監督、名女優、シネフィルたちの証言からカンボジア映画の黄金期とはどういう時代であったのか、そして、その後各自がどのような体験を経ていったのか、今をどのように生きているのかを再構築していった『ゴールデン・スランバーズ』(2011)とともに、特集上映として、2月のベルリン国際映画祭に引き続き、東京での貴重な上映となった。

かつてアジアを席巻した、「大衆映画」の持つ力というのは、四方田犬彦著『アジア映画の大衆的想像力』(2003年、青土社刊)や同著『怪奇映画天国アジア』(2009年、白水社刊)で、カンボジアも含め、アジア各国の事例から論じられている。カンボジアでは、本格的な国産劇映画の誕生とともに、そのまま黄金期に突入していた。

時間も国境も越えて愛される映画の、一作品ごとの映画の持つ力強さがどこからくるのか、カンボジア映画の父である、伝説のティア・リム・クゥン監督に上映前日に伺いました。


カンボジアに映画学校はなかった。映画を観て、映画製作を学んだ。

まずはじめに、監督、このような重要な映画をおつくりくださり、心より感謝申し上げます。
10年前、私は10ヶ月程、プノンペンに留学していました。監督の作品が公開されるまで、カンボジア映画の黄金時代について、私は資料*でしか知りませんでした。この時代の映画というのは、国内外のカンボジア人コミュニティ(難民となってカンボジアの国外で生活している人々のコミュニティはアメリカ、フランス、カナダ、オーストラリア、日本などにある。)にとって単に内戦の時代を生き抜いた人々のノスタルジーというだけではなく、世界遺産のアンコール・ワットのような、民族の誇りとしても感じられました。

First of all, I’d like to say thank you for this great and important film.
Almost a decade ago, my major at University was Cambodia Studies and spent 10 months in Phnom Penh in 2002-2003. Before your documentary came out, I only knew the golden age of Cambodian films from texts*. I think the film of this age is not only nostalgia of survivors but national pride like the Angkor of world heritage for people in Cambodia community.


* CULTURES OF INDEPENDENCE: An Introduction to Cambodian Arts and Culture in the 1950s and 1960s, Reyum Publications (2001)
KON. The Cinema of Cambodia, Department of Media and Communication, Royal University of Phnom Penh (2010)


監督はカンボジア映画史の中で「カンボジア映画の父」あるいは「レジェンド」と呼ばれています。どのように映画製作を学ばれたのですか?
In the Khmer film history, you are called as a Father of Khmer film or legendary filmmaker. How did you learn filmmaking in Cambodia?


私はもう何度も同じことを答えています。(笑)どこへ行っても、同じことを聞かれるのです。(笑)
私はどこで学んだということは答えられないのです。当時、入学したくても、カンボジアには映画学校はありませんでした。
私は子どものときから映画が大好きでした。映画を鑑賞し、映画を観ることによって研究しました。中国映画、アメリカ映画、日本映画、あらゆる映画を観に行きました。
そして、どの映画が良くて、どんな映画が良くないのかを観ながら研究していきました。良い映画はどうして良くなったのか、悪い映画はどういった点が悪いのか、そういった技術に着目して映画製作について学んでいきました。

I’ve answered same things so many times (laughing). Wherever I go, they ask same question again and again(laughing).
I cannot answer where I learned filmmaking. At that time, there were no school for filmmaking in Cambodia, even if we wanted to study. I love films since I was a child. I learned through watching films. I went to movie theatres and watched many films, Chinese, Hollywood and also Japanese…. Then I learned which films are good and not good, how the films became good or bad. When I watched the films, I always focused on such techniques to learn filmmaking.

監督は当時どういった映画をご覧になっていたのですか?
What kind of films did you watch at that time?


『座頭市』も観ましたし、当時カンボジア人は『座頭市』のような日本映画のヒューマンドラマが大好きで、たくさん観ていました。アメリカ映画もたくさんありますが、『座頭市』と同時期に流行っていたのは、『帰らざる河』(1954)[ロバート・ミッチャム、マリリン・モンロー主演の西部劇]ですね。

I went to see “Zatoichi”. At that time, Cambodian people loved human drama of Japanese films like “Zatoichi”, so we watched Japanese films a lot. Around the same time of “Zatoichi”, we loved to see “River of No Return”(1954).


『天女伝説・パウ・チューク・ソー』(1967)「パウ=末っ子」、「チューク=蓮」、「ソー=白い」は4姉妹の末妹の名前。 (c)2011, Tea Lim Koun, All Rights Reserved

カンボジア映画黄金期を支えた故・シハヌーク前国王の映画への愛

故シハヌーク前国王は50本ものドキュメンタリーとフィクションを製作し、その多くに王妃とともに主演した。フランスへ映画製作のために人を留学させたり、映画祭を開催したほか、映画製作者の税制優遇なども行なった。

The late former king H.M. Norodom Sihanouk made almost 50 fiction and documentary films and mostly starred himself and Queen Monique. He dedicated to the development of Khmer film industry through sending people to study filmmaking in France, organizing film festivals, providing tax incentive and so on.


カンボジア映画の発展を牽引されたシハヌーク前国王が先日お亡くなりになられましたが、何か思い出のエピソードはありましたか。
Facing the time of mourning former Father King H,M. Norodom Sihanouk, who dedicated to development of Khmer film industry, do you have any episode with him?


今非常に語りたいことがたくさんあります。お亡くなりになられて以来、幾晩も苦しくて眠れないくらいです。殿下は映画を愛し、映画を発展させたこの世に唯一の殿下でした。1960年代、70年代、国民が映画を愛するように、映画界を誕生させ、リードしておりました。殿下なしに私たちはカンボジア映画を語ることはできません。殿下が映画を始められたからこそ、私も参加することができ、殿下が映画製作に参加させてくださったからこそ、私たちもそれを観ながらつくることができました。
殿下は映画をご自分で愛されていただけではなく、私たちが映画を愛するように導いてくださったのです。1960年代、70年代のカンボジア映画の全盛というのは、殿下がいらっしゃったからこその時代でした。

Now I have so many things to tell about it… Since I heard of the news of his death, I couldn’t have slept well these days because of deep sorrow…His Majesty loved films and only one king in the world who dedicated himself to develop the film industry in Cambodia. During the 60’s and 70’s, His Majesty initiated film industry and led the nation to love films. Without His Highness, we cannot talk about Khmer films.
Because His Majesty started filmmaking, I could join in his filmmaking. Because His Majesty encouraged us to join his filmmaking, we could start our filmmaking. His Majesty loved films not only by alone but shared with us and encouraged us to love films. We could have the golden age of Khmer films during 60’s and 70’s because of His Majesty’s dedication to the nation and our film industry.

殿下とのエピソードはたくさんありますが、やはり、”Good Bye Duong Dara/Lea Heuy Duong Dara/『グッドバイ、ドゥオン・ダラー』(1964)”です。これは私の最初の映画で、1964年にカンボジアのカエプ(海のリゾートの一つですが)でカンボジア映画祭が開催されました。そこで最優秀監督賞を受賞し、賞杯を殿下から直々に賜ったのです。そのときの記念写真を今回も大事に持ってきています。殿下は映画の価値を、映画をつくった人間を国民とともに讃えてくださいました。

Episode with His Majesty…it’s a lot… but I would share the one, that is “Good Bye Duong Dara/Lea Heuy Duong Dara”(1964). This is my first film. In 1964, the Cambodia Film Festival was held in Kep, one of beach resort in Cambodia. The film won the best director award and I got a trophy from His Majesty himself. I brought the commemorative picture with me in this visit. His Majesty praised the price of our films and the filmmakers with the nation.

情を揺さぶるオリジナリティあふれる作品に、観客は繰り返し劇場を訪れ、それは国境をも越えた。

『ゴールデン・スランバーズ』にも出演し、『怪奇ヘビ男』と同様、民話として親しまれてきた『12姉妹/Puthisen Neang Kongrey』(1968) をベルリン国際映画祭で上映したリィ・ブン・イム監督の”CULTURES OF INDEPENDENCE: An Introduction to Cambodian Arts and Culture in the 1950s and 1960s”(2001: Reyum Publications)でのインタビューによれば、当時、学校教育のカリキュラムに民話が読本として組み込まれていたことも合わせて、老若男女あらゆる背景をもった観客動員が見込めたことに加え、民話を題材にしている理由として、超常現象などの要素から、さまざまな特撮シーンを入れることができることを挙げている。

According to the interview on Director Ly Bun Yim in the “CULTURES OF INDEPENDENCE: An Introduction to Cambodian Arts and Culture in the 1950s and 1960s”(2001: Reyum Publications), who starred in “Golden Slumbers” (2011) and his “12 Sisters/ Puthisen Neang Kongrey”(1968), based on folktale as “The Snake Man/Puos Keng Kang” (1970) , was also screened during the Berlin International Film Festival in February, 2012, he made his films based on folktales not only because these stories were often mandatory reading in the national school curriculum and it appealed to a wide range of audiences but also because the story have a lot of supernatural happenings which are required techniques of special effects.


監督の映画は当時非常に人気で、特撮を観たくて、何度も観に行った観客が多かったと聞いています。今回上映される『天女伝説・パウ・チューク・ソー』と『怪奇ヘビ男』にも特撮がさまざまなシーンで登場します。
People said that your films were smash hit at that time and many audiences went to cinemas again and again because they wanted to see the special effects in the films. “ Peov Chouk Sor”(1967) and “The Snake Man/Puos Keng Kang” also had the scenes of special effects. The audiences loved to watch the special effects which everybody had never seen.


監督の、その誰もがまだ目にしたことのない特撮を産みだすクリエイティビティやイマジネーションはどこからくるのですか?
Where your creativity and imagination come from to create it?


私はひたすら他人と違うものをつくることが大好きなのです。もしほかの人が普通につくるとしたら、自分は同じものを徹底的な悲劇として描きます。当時自分が観ていた映画には中国映画、インド映画や宮廷劇、タイ映画にはガン・アクション映画などがありました。自分はそういった映画のようにはつくらず、情を揺さぶるような悲劇を描きました。例えば、『天女伝説・プー・チュク・ソー』もそうです。私は他人のつくらないような、オリジナリティあるものをつくろうと常に心がけていました。

I always love creating eccentric one, something different from other people. If somebody make something ordinary, I portray it perfectly tragic one. At that time, I watched many films like Chinese films, Indian films, the court story and also gun action movies from Thailand. I didn’t make such films but made tragic drama which can make audiences be touched. For instance, “Peov Chouk Sor”(1967) is the one. I always intend to create something extraordinary which nobody does.

だからカンボジアの人々は映画を楽しんでいたのですね。
That’s why audiences in Cambodia enjoyed your films, didn’t they?


カンボジア人だけではありません。よい映画をつくれば、どんな国の人も楽しんでくれますよ。私の映画である『怪奇ヘビ男』は、タイ、香港、シンガポール、フィリピンなどアジア各国で上映され、どの国でも人気がありました。つまり、よい映画をつくれば、愛される作品となるわけです。海外の方から上映したい、というお声がかかるのです。

It’s not only audiences in Cambodia. When we make good films, wherever it is, the audiences enjoy it. My film “The Snake Man/Puos Keng Kang” went to Asian countries like Thailand, Hong Kong, Singapore and Philippines and they loved it. So when we make good one, it becomes popular and we are requested for screening abroad.


『怪奇ヘビ男』(1970) (c)2011, Tea Lim Koun, All Rights Reserved

『怪奇ヘビ男』は1973年、シンガポールで開催されたアセアン映画祭で受賞、『怪奇ヘビ男2』は1974年、台北で開催された同映画祭で受賞。この2月にはベルリン国際映画祭で『天女伝説・パウ・チューク・ソー』と『怪奇ヘビ男』を上映されています。
“The Snake Man/Puos Keng Kang” was awarded at the Asean Film Festival in Singapore in 1973 and “The Marvelous Snake/Puos Keng Kang 2”(1971) was awarded at the Asean Film Festival in Taipei in 1974. In this February at the Berlin International Film Festival, “ Peov Chouk Sor” and “The Snake Man/Puos Keng Kang” were screened.

ヨーロッパや他の地域の観客からはどのような反響がありましたか?
How was the reaction from European audiences and other regions?


興味深いことに、アジアではヘビ男シリーズが絶大な人気なのですが、ヨーロッパでは、ストーリーやヴィジュアルの美しさからでしょうか、『天女伝説・パウ・チューク・ソー』が人気です。

Interestingly, in Asia, the Snake Man series are enormously popular. On the other hand, people in Europe prefer to “ Peov Chouk Sor” it might be because of the beautiful story and its visual.

同じくリィ・ブン・イム監督のインタビュー*によれば、1970年代に入ると、首都プノンペンにも戦火が迫ってきたが、手榴弾による攻撃やロケット弾が落下してくるような状況にあっても、人々は映画館へ映画を観に来ており、1974年頃には、国防省がクラブや映画館の閉館を要請するようになったという。そして1975年の初めには戦争激化のために完全に閉鎖された。
*同(2001: Reyum Publications)

According to the interview on Director Ly Bun Yim as above mentioned*, in early 1970’s, the civil war was getting closer to Phnom Penh, however, people came to cinemas even if they became grenade and rockets attack targets. Around 1974, the Ministry of National Defense had announced all movie theatre and dancing clubs should be closed for the security and also because the entertainment were seen as inappropriate for war times. Finally in early 1975, the war had come too close to open the movie theatres. (2001: Reyum Publications)


今回このように監督の貴重な作品を観る機会に恵まれているわけですが、カンボジアの内戦では、フィルムはどのように国外へ持ち出されたのでしょうか? そして、なぜ、ベルリン映画祭まで上映されなかったのでしょうか?
Fortunately we are going to see your great films here in Tokyo. At the war time, how did you save your films out of Cambodia? And why you have not showed the films until the Berlin International Film Festival this year?


フィルムは本当に大事に思ってきました。戦争が激しくなる前の1970年から71年頃に、海外での上映もあって、タイへ持ち出していました。そして、今回上映する『天女伝説・パウ・チューク・ソー』は自分にとって、一番愛おしい作品です。そのフィルムのために帰国し、1975年のプノンペンのポーチェントン空港が閉鎖される前の最後の便で、何とか国外へ持ち出すことができたのです。

I’ve really carefully kept my films. Around 1970 to 1971, before the war was getting worse, I brought some films to Thailand since I had oversea screening at that time. “Peov Chouk Sor” is my most dearest film and it was still in Cambodia at that time. So, I had returned to Cambodia to save the film and I could manage to bring it abroad by the very last flight from Phnom Penh before the Khmer Rouge came to power in 1975.

その後、私は難民として、カナダで暮らすこととなり、フィルムもカナダで本当に大事に大事に保管しておりました。ここぞ、という機会まで上映はしない、と心に決めていて、この2月のベルリン国際映画祭で招待されまして、ようやくお蔵出しすることになったわけです。

Since then, I’ve been in Canada and have kept the films really carefully. I had decided that I wouldn’t have showed my films in public until when really special opportunity come. Then the films were invited from Berlin to show during the international film festival in this February.


第25回東京国際映画祭10月28日『怪奇ヘビ男』舞台挨拶。上映2作品のメイクアップ、衣装担当のティア・マイ・ランさんは監督夫人で、ちょうどこの日は監督ご夫妻にとって58回目の結婚記念日。監督のお嬢様でコーディネーターのティア・キムさん、お孫さんとともに。(c)2012 TIFF

翌日の上映前のQ&Aセッションで、フィルムの破損を避けるため、東京国際映画祭ではDVD上映となったが、現状のクオリティに満足しておらず、さらに上質の映像と音声のものでデジタル化を図りたいとおっしゃられている。

At the Q&A session before the screening on Oct 28th, Director Tea Lim Koun mentioned that he decided DVD screening in Tokyo in order to avoid further degradation of the films and will try to upgrade to higher quality in the digital format.


若い世代へ継承したいことを脚本へ込めて

東京でも上映される、というのは本当に貴重な機会なのですね!
これが最後の質問になります。カンボジア映画の父として、カンボジアの映画界を盛り立てていくために、若い世代へ継承したいことはありますか?
This screening in Tokyo is really special opportunity for us!
This is final question.
As a Father of Khmer films, would you have something to share with younger generation in order to stimulate film industry in Cambodia?


そのような大事な質問をしてくださって、どうもありがとうございます!
そうなのです。継承したいことがたくさんあるのです。私は若い人たちのために、ずっと脚本を書き溜めています。私はカナダにいて、なかなかカンボジアにいる若い人たちとはやりとりができていないのですが、機会があれば、ぜひともそうしたいと思っているのですよ。ぜひともまた上映の機会を持っていきたいと思っています。『怪奇ヘビ男2』や他の作品もまた、日本でも再び上映する機会があることを願っています。

Thank you for this important question!
Yes! I am willing to share a lot of things with younger generation and I’ve been writing many scripts for long years. I’ve been in Canada and have not contacted closely with younger generations in Cambodia, however, if I have opportunity, I am willing to share with them. Also, I am willing to have another screening and hopefully I would have chances to show “the Marvelous Snake/Puos Keng Kang 2”(1971) and other films for audiences in Japan.



「戦争で喪った家族の顔は思い出せないのに、映画俳優たちの顔は今でも脳裡に浮かぶ」というのは『ゴールデン・スランバーズ』の中でシネフィルの一人が哀しく笑いながらこぼした言葉。当時の映画はミュージックビデオのような挿入歌とともに人々の記憶に残っていることも多いという。『天女伝説・パウ・チューク・ソー』で、ヒロインが借金返済のための労働で夫を見送る船出のシーンで、同じくポル・ポト政権時代に命を落とした人気歌手シン・シサモットの歌う『人生の舟』の「人生の舟は、お前を独り置き去りにして、私を遠くへ行かせる~そう長くはならないよ、美しいひと、あなたのところへきっと帰るから」という歌詞に、主演俳優のチア・ユトーンを含め、その後のこの国の戻ることのなかった人びとの歴史を思うと、客席から涙をすする声がそこここに聴こえた。

『怪奇ヘビ男』と合わせて2本立てで観ると確かに、スクリーンのディ・サベットが瞼に焼き付き、シン・シサモットとロス・セレイソティアの歌声が耳から離れない。カンボジア映画の父、ティア・リム・クゥン監督が情緒を揺さぶる映画をつくろうとしていたと仰られた通り、40年の時を経て、幾多の国境を越えてもなお、色褪せない映画体験を与えてくれている。

One of the cinephile sadly said in “Golden Slumbers” that even if he don’t remember his family member faces whom he lost during the war, the actors faces in the golden age still come across his mind. The films of the golden age are still in people’s memory because of the songs in the films. In the “Peov Chouk Sor”, there is a scene of husband’s departure to labor for debts and heroine is seeing off her husband along the river. At the scene, Sinn Sisamouth, a national great singer and himself also was disappeared under the Khmer Rouge regime, is singing “Vessel of Life/Neava Chivit” and the lyric brought tears to some audiences in Tokyo as it reminded us of huge loses in the tragic history of Cambodia, not only Chea Yuthorn as the leading character in the film but also their own family and familiar peoples.

After the screening of both films, the great actress Dy Saveth as heroine, singing voices of Sinn Sisamouth and Ros Sereysothea in the films were certainly imprinted on our memory. As Director Tea Lim Koun, Father of Khmer films, told us that he created films to touch audience’s emotion and good films can entertain people wherever they are, the impressive film experiences for us in Japan has proved that the brilliantness of the films are timeless and borderless over 40 years.




『天女伝説・パウ・チューク・ソー』(1967)
110分/クメール語
監督/脚本/撮影監督/編集:ティア・リム・クゥン
衣装/メイク:ティア・マイ・ラン
出演: チア・ユトーン、ディ・サヴェット、モンドリン

怪奇ヘビ男』(1970)。
164分/クメール語
監督/脚本/撮影監督/編集:ティア・リム・クゥン
衣装/メイク:ティア・マイ・ラン
出演: チア・ユトーン、ディ・サヴェット、サック・シヴォーン

ティア・リム・クゥン監督
1934年生まれ。
カンボジアの映画史における伝説的存在であり“クメール映画の父”と呼ばれる。
1975年までに8本の映画を監督し、内戦により、カナダへ移り、現在に至る。
1984年にディ・サベット主演で”ミュージカル映画”Sneah 4 Rodeuv / 4 Seasons of Love”を製作している。

Peov Chouk Sor(1967)
110 min/Khmer
Director/Screenwriter/editor: Tea Lim Koun
Director of photography: Tea Lim Koun, Hou Seng Hap
Make-up artist/Costume: Tea My Lang
Cast: Chea Yuthorn, Dy Saveth, Mongdolin.

Puos Keng Kang(1970)
164 min/Khmer
Director/Screenwriter/editor: Tea Lim Koun
Director of photography: Tea Lim Koun, Hou Seng Hap
Make-up artist/Costume : Tea My Lang
Cast: Chea Yuthorn, Dy Saveth, Mongdolin, Saksi Sbong.

Tea Lim Koun, a legendary filmmaker/”Father of Khmer films”, was born in 1934 in Cambodia.
Until the Khmer Rouge took over in 1975, he shot 8 films.
In 1975, Tea Lim Koun had to leave Cambodia for Canada and he produced a film in 1984, Sneah 4 Rodeuv / 4 Seasons of Love, a musical starring Dy Saveth. Tea Lim Koun lives in Montreal, Canada.

POSTED BY
Junko HONMA
Junko HONMA / Movie Journalist
「クリエイターとのダイアローグからそのさきへ。そんな“場”をつくっていけたら。」
2012年より映画の上映会や配信の運営、PR、TVドキュメンタリーの制作の現場を経て、“ことばで伝える”ことに立ち返り、表現を取り巻く状況が大きく変わりゆく時代の中で国内外で“領域”を越えて、新たな取り組みに挑戦しつづけるクリエイターのいまをお伝えします。本サイト「theatre tokyo/ creators park スペシャルインタビュー」ほか、ウェブマガジン『HYPEBEAST.JP』ではライフスタイル、カルチャーの翻訳を担当中。大阪の制作、エキストラで初参加させていただいた、リム・カーワイ監督作品『Fly Me to Minami~恋するミナミ~』DVD/iTunes配信も絶賛発売中!!