CP -ONLINE REPORT MEDIA from TOKYO・CREATORS PARK- 東京・クリエイターズパーク

  • YouTube
  • facebook
  • twitter
  • RSS
TOP | NEWS

theatre tokyo / creator’s park スペシャルインタビュー

2013.05.27 up
theatre tokyo スペシャルインタビュー
       

Vol. 10 大阪発の“新”アジア映画を 『Fly Me To Minami ~恋するミナミ~』 
リム・カーワイ監督×小橋 賢児さん×ベク・ソルアさん

New Asian Film from Osaka “Fly Me to Minami〜恋するミナミ〜”
Director Lim Kah Wai x Mr.Kenji Kohashi x Ms. Baek Seol-ah


text/photo : Junko Homma

日本では大阪をベースに活動する中華系マレーシア人映画監督、リム・カーワイ。国籍を問わず、放浪しながら映画をつくるこの映画作家を、自他ともにシネマ・ドリフターと呼ぶ。昨年10月中旬、オーディトリム渋谷で東京初の特集上映「リム・カーワイ監督特集 シネマ・ドリフターの無国籍三部作」が組まれた。トークゲストには黒澤清監督などの顔ぶれ。『マジック&ロス』(2010)では香港を舞台に、アジアで活躍する女優/プロデューサーの杉野希妃主演、韓国映画『息もできない』(2008)のヤン・イクチュン、キム・コッビコンビの共演。特集上映に引き続いて、第25回東京国際映画祭でも「アジアの風」部門の審査員を務め、その約1ヵ月後にTwitterにキャストのオーディション告知とともに、スタッフの公募も始まる。人物デザインには柘植伊佐夫を迎え、シネマ・ドリフターの新しいアジア映画が大阪で動き出した。

Osaka based Chinese-Malaysian filmmaker, Lim Kah Wai, is recognized as a “Cinema Drifter” from his trans-national nomadic lifestyle and filmmaking. In mid October of 2012, “Lim Kah Wai Cinema Drifter’s stateless trilogy”, it was his first feature program in Tokyo, was held at the Auditorium Shibuya. Filmmaker Kiyoshi Kurosawa and incredible guests joined in the talk session for his trilogy. Hong Kong-set mysterious film “Magic & Loss”(2010) starred Asian active actress/producer, Kiki Sugino with Kim Kobbi and Yang Ik-june from Yang Ik-June Korean film“Breathless”(2008). Next week of his first trilogy in Tokyo, Kah Wai was in the jury for the Winds of Asia section of the 25th Tokyo International Film Festival. A month later, notification of casting audition and staffing were released out on website and Twitter. Inviting Character Designer, Mr. Isao Tsuge, Cinema Drifter launched his new Asian film from Osaka.


第8回大阪アジアン映画祭の会場の一つ、シネ・ヌーヴォXにて3月16日、梅田ブルク7でのワールドプレミア直前に開催された記者会見の模様と共に、インタビューをお伝えいたします。

This interview is to report in accordance with the press conference held at the Cine Nuvo X, on March 16th, 2013, right before the World Premier of “Fly Me to Minami” to be screened at Umeda Burg 7, the 8th Osaka Asian Film Festival.



「私も大学時代はほとんどミナミに住んでいました。毎日のようにディスコ、プールバーに行ったりして、お酒を覚えたの もミナミです。今、シンガポールにいて、アジアのすごい激動の中にいて、ジャカルタ、ホーチミンなどでもミックスカ ルチャーを見ているんですが、今のミナミは大人しくなっていると思います。
 リム・カーワイ監督とは、一昨年の10月にTwitterを通じて出会いました。前作『新世界の夜明け』(2011)をこのシ  ネ・ヌーヴォで観て、外国人の眼から大阪を観ているその視点が非常に面白く、何かの出会いで彼との作品ができれば、 と思っていました。」

“ I also lived in Minami during almost all my university days and used to hang around discos and pool bars in Minami almost every night. I’ve been in Singapore and working in the upheaval of Asia. Compering to mix cultures in Jakalta and Ho Chi Min, Minami today became less energetic.
I got to know Dir. Lim Kah Wai in October 2011 via Twitter. I watched his former film “New World” (2011) at Cine Nuvo in Osaka. It was very interested in his foreigner’s point of view to Osaka and I wanted to film something with him. ” 

                                                 
                                              製作総指揮 加藤 順彦
                                    Mr. Yorihiko KATO, Executive Producer




まず、リム・カーワイ監督から大阪の印象をお聴かせください。
What is your impression on Osaka?


リム監督:
印象として、都会的であると同時に、猥褻でにぎやかでエネルギッシュというように感じています。その猥褻さやエネルギッシュさは、東京とか福岡とかにはあまり見当たらない気がします。ある意味では、大阪のミナミという場所は一番アジアに近いんじゃないか。アジアのエッセンスがミナミに凝縮されているんじゃないか、と思います。

Lim Kah Wai:
Urban. At the same time, I feel energetic, busy and obscenity from the city. I guess I don’t feel such energy and obscenity in Tokyo and Fukuoka. In some respect, Minami of Osaka seems the most closest place to Asia. It seems that the essence of Asia are condensed into an area of Minami.


「僕にとって“恋をした場所”であるし、これからも“人に恋したくさせる場所”にしたい。」

“ It was where I fall in love with somebody in the past and hope I can make the place where people feel like falling in love with somebody.”

                                                 

                                                リム・カーワイ
                                                 Lim Kah Wai




リム監督:
僕にとってミナミはすごい思い出がある場所です。大学が大阪で、19年前、大学1年生の時に初めてミナミに来て、僕が最初にデートした場所もミナミでした。今、丸井になっているところに、当時ミナミ会館という映画館があって、当時では大阪で一番大きな劇場だったと思います。ほとんど毎週その劇場で映画を観て、映画が終わったら、道頓堀辺りをブラブラして。
大学卒業後、東京で就職しましたが、東京にはミナミのようなコンパクトでデートできる場所がないな、と思っていました。僕の中ではミナミというのは、「恋をしたくなるような場所」、というのがずっと残っていて。久しぶりに大阪に帰って来て、やっぱりそういう思いが強くあって、今回ミナミで映画を撮るとしたら、ラブストーリーに挑戦したいなと思っていました。

Lim Kah Wai:
Minami is the place brings me back to joyful memories. 19 years ago, I came to Osaka to study at an university in Osaka. My first date was also around there. There was a movie theatre, Minami Kaikan, the biggest one in Osaka at that time, now it is Marui shopping building. Almost every week I watched movies there and hang around Doutonbori after watching movies.
After graduated from my university in Osaka, I worked in Tokyo. I thought there are no places like Minami, in which compact and good for dating. For me, Minami has been the place for feeling like to fall in love. When I came back to Osaka after a long time, yet I had strong feeling of it and hoped to film love story in Minami.


「ミナミではスタッフ、共演者、監督に恵まれ、3週間家族的な時間を過ごしました。この映画を支えてくれた街です。」

“I enjoyed shooting with good director, co-stars and staffs, like a family for three weeks in Minami.   
Minami was a town supported shooting our film here.” 

                                                 
                                                 べク・ソルア
                                                 Baek Seol-ah




ではソルアさんにとって、韓国から観て、大阪・ミナミはどんなところですか?
For Ms.Seol-ah, you are from South Korea, what is your impression on Minami of Osaka?


ソルア:
大阪、東京、北海道という括りはあっても、ミナミという場所そのものを今まで知りませんでした。ミナミには本当に小さな、かわいいものがたくさん存在しているところです。映画には見逃してはいけない場所がいっぱい映っています。監督が仰るように、本当にアジアを感じさせるところではないでしょうか。私にとって、温かいものが存在しているところで、韓国に帰ると恋しくなってしまうんです。

Seol-ah:
I knew cities like Osaka, Tokyo and Hokkaido as such, and it is first time to know as an area of Minami. In Minami, a lot of tiny and cute things are there. Many places we can’t miss were shot in this film. As director said, I also feel Minami is like Asia. For me, Minami is heart warming place and I miss Minami when I return to Korea.

小橋賢児:
タイトル変えますか?「I MISS MINAMI!」に(笑)

Kenji Kohashi:
Better to change our film title to “I MISS MINAMI!”? (laugh)

一同:(笑)
All:(laugh)


               

3月16日梅田ブルク7 ワールド・プレミア舞台挨拶
Post screening talk, World Premier at Umeda Burg7 on March 16th, 2013



「銀座、原宿、渋谷、下北沢が一つのエリアにぐっと集まっている面白い街。」

“Ginza, Harajuku, Shibuya and Shimokitazawa are condensed into this area of Minami. That’s interesting.”

                                                 
                                                  小橋 賢児
                                                Kenji Kohashi




では、監督と同じようにノマドなライフスタイルを送っているという東京出身の小橋さんにとって、大阪はどんなところですか?
How about Mr. Kohashi for your impression on Osaka, you were born in Tokyo and have a nomadic lifestyle like director?


小橋:
アジアや世界中のいろいろなところを旅していますが、大阪は本当に東京にないパワーやエネルギーがあふれているのを感じます。街の勢いというのは、真面目すぎるとつまらない。いい意味での危険さ、整いすぎていないところ、何が起きるかわからないところにあるワクワク感が、アジアに行くといつもある。人々の活気というか、人々の自由な感じというか。
東京という街は、東京人がつくっている街というよりは、地方から来ているひとたちがつくっている街なんですね。日本人のいい部分でもあり、裏目に出ちゃっているのが「気を遣う」という部分。地方から来て、周りを意識することで、何となく本来の自分ではない自分をつくり出して、みんなに同調して合わせていて。そうすると、本来の自分の生き方とかエネルギーが、何となくセーブされた感じが今の東京に少しある。大阪では、わあ!っていうエネルギーを感じるんですよね。

Kenji Kohashi:
I’ve been traveling in the Asia and all over the world, I feel Osaka has energetic powers which is not seen in Tokyo. City is not fun if too much sober. Whenever I travel in Asia, I feel excitement from something uncertainty, dangerous and untidy in a good sense. I like the air that they live powerful and freely.
Tokyo is made up of people came from other prefectures much more than native Tokyoites. It is Japanese virtue, however, it might work against sometime, that is too much caring about others. People came to Tokyo and mind others too much, we make ourselves different from who we are somehow to follow suit. In Tokyo, we seem that we somehow save our real way of life and energy from who we are. So when I come to Osaka, I feel spurted energy.

リム監督
すごいオープンですよね。東京はやはり閉鎖的に感じます。東京にいると、どうしてもひとに気を遣ってしまうんですよね。けっこう息苦しいんです(笑)大阪に来ると、「ええかげん」でいいって思えます。

Lim Kah Wai:
Osaka people are really open-minded. In Tokyo, I also feel something closed society and always try not to bother others. It is rather hard time for me (laugh). When I come back to Osaka, I can be who I am as“don’t think too much, it’ll be alright”.

そういう環境にいると小橋さんもオープンになりますか?
How about Mr. Kohashi, do you get open-minded when you are in such environment?


小橋:
そうですね、大阪の友だちといると言いたいこと言えるな、というのはありますね。東京で言いたいことを言うと生意気ってことになるから。僕はそういう意味で大阪好きですね。アメリカにも住んでいたので、すごくアメリカ的というか。アメリカ村があるくらいですから(笑)。人間のありのままの姿があるのを感じますよね。

Kenji Kohashi:
Yeah, when I am with friends in Osaka, I can say as I am. I feel the way is quite similar to American style since I lived in United States in the past. Osaka has American village, too (laugh). In Osaka, I feel people live as human being is. If I said as I wished in Tokyo, people see me as I am impertinent.

リム監督:
僕も東京の方が過ごした時間は長いんですよ。東京で就職して、5年間サラリーマンやって、それから北京に映画を勉強しに行きました。6年間、東京と北京を行ったり来たりしていました。3年前に前作『新世界の夜明け』を撮ることになって、久しぶりに大阪に帰ってきて、家に戻ってきたとすごく感じました。その映画をつくったことによって、ますます大阪が好きになって。これからも大阪を舞台にして映画をつくっていきたいな、と思っています。その中で、今回ミナミを舞台にして、大阪にいるとやっぱり居心地がいいんですよね。

Lim Kah Wai:
I also lived in Tokyo much longer than in Osaka. I got employed in Tokyo for five years and then went to study filmmaking in Beijing. I came and went in between Tokyo and Beijing for six years. Three years ago, I came back to Osaka first time for a long time to shoot “New World”in Shin-sekaim, Osaka. I felt I really came back home. After shot the film, I love Osaka much more than before. I hope to continue filmmaking stories in Osaka. As I thought, I felt at ease in Osaka through the shooting in Minami in this time.


香港の美人ファッション・エディターのセリーン(シェリーン・ウォン)と就職活動中の日本人大学生タツヤ(小橋賢児)、韓国のキャビン・アテンダント、ソルア(ベク・ソルア)と不倫中の在日韓国人シンスケ(竹財輝之助)。
クリスマスから新年にかけて、それぞれの人生が大阪ミナミで交差する。

Serine (Sherine Wong), a beauty fashion editor from Hong Kong and Tatsuya (Kenji Kohashi), a Japanese university student who are hunting for job, Seol-ah (Baek Seol-ah) , a cabin attendant from South Korea and her gentleman friend, Korean Japanese, Shinsuke (Terunosuke Takezai), their lives are to cross in Minami, Osaka during the Christmas and New Year holiday.




なぜ、『Fly Me To Minami ~恋するミナミ~』は大阪・ミナミ、韓国・ソウル、香港といった3都市が舞台となったのでしょうか?
Why “Fly Me To Minami” was shot in three cities as Minami, Osaka, Seoul, South Korea and Hong Kong?


リム監督:
『新世界の夜明け』は北京の女の子が大阪に遊びに来て、いろんな人と出会って、日本に対する観方が変わったというストーリーでした。その時に、僕がとても気になっていたのは、韓国とか香港とか台湾などを入れなかったということでした。次に大阪を舞台にするとしたら、ぜひそういったところも入れたい、そういう発想からスタートしました。予算や他の制約もあって、今回は韓国と香港を選びました。もし今度チャンスがあったら台湾でも撮りたいですね。台湾とか東南アジアと日本との関係を描いてみたいですね。

Lim Kah Wai:
“New World” was a story that a girl from Beijing visited Osaka and changed her view towards Japan through running across many people there. What’s on my mind at that time was I didn’t include Korea, Hong Kong and Taiwan in the story and I hoped to include those countries into next film in Osaka. “Fly Me To Minami” started from that idea and South Korea and Hong Kong were chosen under our budget and limitation. If I have opportunity, I want to shoot in Taiwan, too. Someday, I hope to picture the relationship in between Taiwan or Southeast Asia and Japan.


 

本年度大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門アジアン・ミーティング2013では、
リム・カーワイ監督が司会を務め、「越境」をテーマに韓国、中国、ミャンマー/台湾の製作事例について語られた。
Dir. Lim Kah Wai was MC for Osaka Asian Film Festival 2013 Indie Forum Asian Meeting 2013.
Filmmakers and producer/actor from South Korea, China and Myanmar/Taiwan discussed under the theme of “crossing the boundaries”.




監督は前作の大阪・新世界と北京を舞台にした『新世界の夜明け』に引き続き、本作でも日本と海外のある都市における「旅×恋」映画とでも言いますか、海外旅行の途上で、また、自分の街へ帰っていく途上で、あるいは帰ってしまった後で、時間的、物理的な距離を通して、その都市や相手を愛しく想うという設定のある映画を発展させています。国境を越える映画の強さとしてどんなことを意識してつくられているのでしょうか?
Continued from “New World”, “Fly Me to Minami” also has developed a film genre of “travel romance” that characters in between some cities of Japan and overseas think of the cities and someone over the distance as time goes by. How do you think of strength of films to cross the borders?


リム監督:
正直に言うと僕はあまり意識していないんです。国境とか、国籍とか、あまり意識していないから、自然につくってしまっているかもしれません。意識してしまうと、どうしても真面目になってしまう気がします。多分、同じ企画を日本人の監督にやらせたら、きっとその監督は力を入れすぎてやってしまう可能性があるのでは。今回、製作総指揮の加藤さんの思い入れとか、尖閣問題等もあるかもしれませんが、そういう問題を取り扱うとしたら、もっと深くやったほうがいいとは思うんですね。でも、僕はそういうことを考えていないので、逆に軽いタッチの楽しい映画がつくれたのだと思います。

Lim Kah Wai:
Honestly, I don’t think about it much. Without emphasizing too much on boundary, nationality, I could film them natural. If conscious of them, it might be too much serious, I guess. Probably, if Japanese filmmaker worked on this project, possibly he/she could make it much more seriously.
Though Mr. Kato, our Executive Producer has been feeling deeply attached and there are also Senkaku Islands issues, these issues would be better to go more deeply into the subject. Since I didn’t take it into account, I could film rather light touch and amusing one.


関西空港シーンからスタートする“新アジア映画”は、大阪アジアン映画祭インディー・フォーラム部門での出会いから生まれた!

The“New” Asian film that the first scene begins from Kansai International Airport, is born from the Indie Forum Asian Meeting at Osaka Asian Film Festival!




昨年の大阪アジアン映画祭のゲストとしてソルアさんは来日されて、監督と出会ったそうですね。
Last year, Director met with Ms. Seol-ah when she came for Osaka Asian Film Festival as a guest.


リム監督:
大阪アジアン映画祭にはコンペティション以外に様々なセッションがあって、アジアの自主映画を紹介するインディ・フォーラムというセッションがあります。僕はそのプログラマーとして、アジアの自主映画を選んで上映するという立場になります。
『ホーム・スィート・ホーム』(2011)の上映で、ソルアさんはゲストとして来日されました。公式イベントには通訳もいますが、飲み会とかパーティになると通訳がいない。僕は韓国語ができないので、なかなか韓国人のゲストとは交流できないんですよね。でもソルアさんは3年前に北京大学に留学していたので、中国語ができたんですよ。とても嬉しくて、韓国のゲストの中では一番交流がありました。
いろいろな話をしていて、彼女の経歴が面白かった。役者をやりながら、中国の広州という洋服の工場やお店がいっぱいあるところへ行って、洋服を仕入れてソウルの店で売っている。そして、ご覧の通り、すごい美人なので、キャビン・アテンダントに、とすぐ思いつきました。

Lim Kah Wai:
Osaka Asian Film Festival has several sessions besides competition section and the Indie Forum has introduced Asian indie films. As the programmer of the session, I have been in the selection of the films to show.
Seol-ah came to Osaka as a guest for “Home Sweet Home”(2011)screening. We had an interpreter for official events, but we hadn’t when we went to after parties. Since I can’t speak Korean, it is hard to communicate with guests from Korea. Fortunately, Seol-ah studied at Beijing University three years ago, so she can speak Chinese! I was so happy and we exchanged a lot among guests from South Korea at that time. Her career was interesting. She is actress and own her boutique in Seoul, buying from garment district in Guangzhou, China. As you see, she is so beautiful and came up with an story of a cabin attendant at once.


 

関西国際空港 Kansai International Airport (c)Lim Kah Wai / Duckbill Entertainment



「また大阪で映画に参加したいな、という思いを強くする作品になりました。」

“I hope to join Osaka set film again. This film made this feeling stronger.” 

                                                 

                                                 ベク・ソルア
                                                 Baek Seol-ah




ソルアさんはご自身のストーリーから映画になり、出演することになってどう思いましたか?
How did you feel when your own story became one of a plot and you are the one of leading character in this film?


ソルア:
Facebookでやりとりをしていて、そのうちに突然、電話が来ました。本当はスケジュールが合わなかったんですが、中国語だと会話がどうしても続かないんです(笑)。「考えておきます」と伝えていたつもりが、韓国人の通訳から、「映画に出るんでしょ。監督がそう言っていた。監督が韓国へ来るらしい」って言われて、びっくりしました。

Seol-ah:
We have been communicating through Facebook and one day I got phone call from Kah Wai. Actually I had another schedule at that time, but our conversation in Chinese couldn’t last much (laugh). I thought I told him “I will consider”, however, Korean interpreter surprised me “I heard from director that you would be in the film, wouldn’t you? He’s coming to South Korea.”

リム監督:
ソルアさんはモデルの仕事もいっぱいしていて、本当にこの映画のためにいくつかの仕事がなくなったんですよ。

Lim Kah Wai:
Seol-ah works busy as a model and actually she lost some jobs because of this film…

ソルア:
それでも、この映画でもっと大事なものを得ることができました。監督は本当にいい人なんですよ。だから、スケジュールは合わなかったんですけれど、何とかなるだろう、撮っちゃえ!と思って。やはり、いい人と出会って、いい作品をつくりたいですから。素敵な監督に出会えて、素敵なミナミという街に出会え、いろいろな人に出会えました。この温かいミナミというところを忘れたくないと思っています。また大阪で映画に参加したいな、という思いを強くする作品になりました。

Seol-ah:
However, I could get much more important things from this film. Although my schedule was not convenient at that time, director is really nice and I looked on the bright side to join. Sure, I am keen to act in good works with wonderful people. I got to know a wonderful filmmaker, wonderful area of Minami and wonderful people there. I don’t want to forget this heartwarming town, Minami. I hope to join Osaka set film again. This film made this feeling stronger. 

もう一人の主演女優、香港のシェリーンさんは、監督と同郷のマレーシア・クアラルンプールのご出身で、元ミス・マレーシアでもある素敵な女性です(この5月には香港で歌手デビューも果たされた)。キャスティングはどのようにして決まったんですか?
Another beautiful leading actress, Ms. Sherine Wong, based in Hong Kong, she is also born in Kuala Lumpul, Malaysia and Miss Malaysia 1998 (also debut as a singer in Hong Kong in this May). How did you make this casting?


リム監督:
香港を舞台にするにあたって、彼女にお願いしようと思っていたんです。シェリーンさんとは10年以上付き合いがあります。彼女は香港でモデルをしてきましたが、映画の仕事をやりたいと思っていて、なかなかチャンスに恵まれなくって、ずっと悶々としていました。今回、自分の映画にぜひ出てもらおうと思って、脚本を書く時から、ファッション雑誌の編集者セリーンとして当て書きしました。もし、映画でモデルという設定にしてしまうと、多分面白くないし、華やかな世界だから予算的にもかかってしまいますから(笑)。

Lim Kah Wai:
Decided the Hong Kong-set, casting Sherine was in my mind. We’ve known each other over ten years. Having been a model in Hong Kong, she’s also been keen to act in film. So I wrote this scenario for her as a fashion magazine editor, Serine so that she could play for my film. I didn’t write her as a fashion model in this film because probably it would not be fun and it might cost much for gorgeous fashion scenes (laugh).


ミナミへ行く前にぜひとも手に入れたい香港のファッション誌の別冊旅MOOK『恋在MINAMI』!! 
For traveling Minami, our essential is “恋在MINAMI”, an extra number of fashion magazine in Hong Kong.
(c)Lim Kah Wai / Duckbill Entertainment



「その後ずーっと考えて、あの熱は何だろう?って。その時のリムさんの熱が僕の中でずーっと残っていたんです。やっぱ り僕は熱がある人と一緒に仕事をしたい、そこに向かうまでの人々のエネルギーのある方が、映画というフィルターを通 して残っていくものだと思っています。」 

“I’ve been wondering what was his passion came from. Lim Kah Wai’s passion has left in my mind since our first meeting. I also want to work together with person who have his/her passion. I believe that people’s power towards goal will remain through the filter of film.” 

                                                 

                                                  小橋 賢児
                                                 Kenji Kohashi

    



小橋:
本当は僕もスケジュールが合わなかったんですよね…(笑)年末にスケジュールないと困ると熱意を持って迫られまして…今決めないとダメなんだ!何でスケジュール空いていないんだ!と言われて…(笑)12月の中旬に会って、年末年始に撮影ですか?って。10日後くらいにいてくれないと!って…(笑)これもご縁ですね。

Kenji Kohashi:
Actually, I was not free for other schedule at the first meeting…(laugh). Director Lim was eager to offer me for shooting in the end of 2012. He said “we need to decide it now! Why you are not free!”(laugh) Surprisingly, he asked me our shooting schedule in the last minutes like ten days before the shooting starts. Our meeting was happened in the middle of December 2012 and shooting were scheduled from the end of 2012 to middle of January 2013! (laugh) That was good opportunity.

小橋さんが監督の熱意に6年ぶりの映画出演を決意された裏側について、本日の記者会見で発覚した新事実です!
Press conference today revealed that behind the scene how enthusiasm of Lim Kah Wai made Mr. Kohashi decide to act in new film for the first time in last six years!


リム監督:
11月の下旬にオーディション始めましたが、なかなかいなくって。困っていたタイミングにタツヤ役に小橋さんを紹介してもらったら、イメージにピッタリで恵まれているな!と。スケジュールが合わないとわかりつつ、無理矢理、是非にとお願いしました。小橋さんも年末に本当はアメリカで仕事があって、飛行機も押さえていたのに、全部キャンセルしてもらって…。本当にありがたいことです。

Lim Kah Wai:
Started the audition in the end of November, but it took time to find the actor. Finally I was introduced Mr. Koahashi for Tatsuya, fortunately he was the very Tatsuya as I’ve imaged. Though I heard he already had another schedule in the United States in the end of the year, I asked desperately him to join with us. Then he cancelled all his air ticket for us…. I really appreciate it.


「ラブは国境を超える!政治とまったく関係ない!中国香港、韓国ソウル、日本大阪を巡るラブロマンス『恋するミナミ』 は自主映画だがこの複雑な環境に真っ先に対応する志高い映画を目指す!ただ今キャスト大募集、スタッフも!」
“ Love goes across the boundary! Politics cannot divide love! “Fly Me to Minami”, the love romances travel around the cities, Hong Kong, Seoul and Osaka, is ambitious to be the first independent film equivalent to this current complicated environment! Wanted cast and staffs!”

「アイ・ラブ・アジア、アイ・ラブ・ジャパン、アイ・ラブ・オオサカ、アイ・ラブ・ミナミの言葉に反応がある方々、 『恋するミナミ』に参加してください。メインキャスト、エキストラ、スタッフ、至急大募集!」
“Dear person those who are concerned with these words; I love Asia, I love Japan, I love Osaka, I love Minami, join “Fly Me to Minami”. Urgently wanted: main casts, extras and staffs!” 

                                                 

                                          リム・カーワイ監督 Twitter
                                      Translated from Lim Kah Wai’s Twitter

                                  



キャスト、エキストラのみならず、Twitterなどでスタッフも公募されていて、驚きましたが、そのおかげで、私のような映画の現場が未経験の人間にもチャンスが開かれていました。今回このようにオープンにつくられたのはなぜですか?
Though I was surprised that not only casts and extras but also staffs were wanted through Twitter, it was opened opportunity for me who have no experience at filmmaking. Why did you recruit in opened application for this time?


リム監督:
(苦笑)。製作総指揮の加藤さんに最初に会ったのが昨年の9月くらいで、そのときはまだ撮るか撮らないか、決まっていなかったんです。本当は僕自身、年末に日中合作の映画の仕事があったんですが、尖閣諸島の問題もあって、なくなってしまいました。それで、時間が空いてしまったので、脚本はまだなかったんですが、もう一度プロデューサーに相談したんです。そこでアメリカ村の会長である井原さんを紹介していただいて、11月の初めに会いにいきました。その時点でも映画を撮れるかどうかもわからなかったし、脚本もなくて、スタッフにも声はかけられていなかったんです。アメリカ村の協力なくしては映画は撮影できないので、10日間で脚本を仕上げ、ようやくゴーサインが出ました。
スタッフに声をかけられたのが11月半ば。年末の撮影でこれだけ短い時間でスタッフを集めるというのは、東京だったらすぐ集まるかもしれませんが、大阪はもともと映画産業がないですし、映画をしているスタッフも少ないです。前作の『新世界の夜明け』のスタッフに声かけましたが、みんなやっぱり忙しくて、あまりに急すぎてほとんど集まりませんでした。井原さんにも加藤さんにも完成させます!と半分ハッタリで言い張っていて。お金は集まった、スポンサーも付いている!しかし、スタッフは全然集まらず、僕は焦っていました。それで最終的にインターネットで募集となりました。

Lim Kah Wai:
(Wry smile). I first met with the Executive Producer, Mr. Kato in last September and it had not concluded yet whether we make this film or not. Actually I was going to make a film in China in the end of the year, however, we couldn’t make it due to Senkaku Island issue. So I had a time and went to see producer again even though I hadn’t had scenario yet. Mr. Kato introduced me with Mr. Ihara, President of America Mura (American Village) shopping street in early November. Because I was not sure whether I could make a film or not, besides, I had no scenario at that time, I couldn’t call staffs. Without back up from America Mura, we could not make a film there. I finished writing the scenario in next ten days and got the green light.
Finally I started to call staff in the middle of November but it was not easy to recruit in short time for shooting in the end of year. If in Tokyo, it might be possible but there are less filmmaking professionals based in Osaka. I called staffs who joined “New World”, but it was too soon to shoot and they were busy on their own.
I emphasized that Mr. Ihara and Mr. Kato that I was sure to complete this filming for all my effort. I was nervous because fund and sponsor were OK though, the staffs hadn’t gathered yet. So, I started calling on internet at last.



(c)Lim Kah Wai / Duckbill Entertainment




リム監督:
本当に勢いでつくってしまうという感じで。ずっとプロの現場で入ってこられた小橋さんから見ると、本当に素人の現場だったんではないかな。

Lim Kah Wai:
We gathered our momentum for shooting. It might be seemed non-professional shooting for Mr. Kohashi, you have worked at professional environment for long time.

小橋さんにとって、ストレスが多かったんじゃないですか。
For Mr. Kohashi, did you feel stress in such environment, didn’t you?


小橋:
いやいや、それが逆によかったですけどね。最初から心得て、想像もいっぱいしてきて、自分もつくる側という気持ちでやってきたのがよかったかもしれない。多分、7年前の「俳優」のままでいたら、そういう風に感じていたかもしれませんけれど。自分で監督した映画『DON’T STOP!』は低予算で、手づくりでつくって、本当にゼロから、自分の思い付きから、いろいろな人を口説いて、スタッフ集めて、自分で編集して、仲間集めて、いろんな人の協力を得てつくった映画だったので、だから同じ気持ちだったと思うんです。

Kenji Kohashi:
No, I felt better in fact. Before the shooting, I understood the situation and imagined a lot. Further more, it might work well that I joined as creator’s mind. I might have felt stress if I had not developed myself as an actor since seven years ago. However, I have same spirit since I made a low budget documentary film “DON’T STOP!”, which also started from really nothing when I came up with my idea and persuaded many people to gather support, recruited staffs.


「映画の規模が小さい分、スタッフがボランティアで一生懸命関わっていて、それは僕にとって、新しい感覚でした。本来、映画というのは、ものづくりというのはこういうものなんだな、とこの映画の現場を通じて改めて気づかされました。こういうことを今、世の中でやっていかなければならないんだな、と思いました。役者としても意義がありましたし、ものづくりの側からしても、ものすごく意義がある映画体験でした。」

“Since this is a low budget film, staffs and volunteers worked hard. It was new and stimulated me. Through this film making, I realized attitude towards what is filmmaking , what is creation originally mean. Our society today needs these attitude. It was really meaningful film experience as an actor and a creator. ” 

                                                 

                                                  小橋 賢児
                                                Kenji Kohashi




リム監督:
小橋さんにそのように理解してもらえて、すごく嬉しいです。東京に会いに行った時もすごく意気投合したんですよね。すごくわかってくれた、と思ったんです。

Lim Kah Wai:
I’m so happy that Mr. Kohashi understood us like that. When we met in Tokyo, we hit it off immediately. I felt he understood me well.


「何でリム監督が撮ると、日本がこんなにキレイに映るんだろう?」

“I wonder how come Lim Kah Wai film could show Japan so beautiful ?” 

                                                 

                                                  小橋 賢児
                                                Kenji Kohashi




小橋さんは2011年に、ご自身でカメラを持って、編集もされたドキュメンタリー映画『DON’T STOP!』を初監督されました。今回6年ぶりの映画復帰作ということですが、現場でどんなことを思い、演じられていたのでしょうか?
In 2011, Mr.Kohashi directed your first documentary film“DON’T STOP!”. This is the first time in last six years to appear in this film and how did you think and play during shooting?


小橋:
『DON’T STOP!』ではドキュメンタリーを撮っていたので、僕自身は役者を演じさせるということはしていなかったんですが、制作者として映画づくりのゼロからつくりあげていました。監督にとってはうるさい役者だったと思うんですが(笑)、いろいろと質問をして、どういう意味でそうなるのか、というのを理解しながら、監督と一緒の気持ちになって演じました。しゃしゃり出ちゃいけないな、と我慢した部分もたくさんありました。逆にこういう視点で撮るんだ、とか、こういう撮り方をするんだ、とか、僕が撮っていたとしたら、こんな画は撮れなかっただろうな、とか、今まで役者の時には気がつかなかった視点というのがものすごくいっぱいありました。何でリム監督が撮ると、日本がこんなにキレイに映るんだろう?って。

Kenji Kohashi:
For “DON’T STOP!”, it was a documentary film and no actors there. I made the film from zero as a creator. For “Fly Me to Minami”, I might have been a fussy actor for director (laugh). I asked many questions to understand what the scene means and played closely with director’s feeling. I also held myself back from being too forward. On the contrary, I found lots of view point on shooting techniques that I’ve never noticed when I was just an actor in the past. I wonder how come Lim Kah Wai could show Japan so beautiful? If I shot, I couldn’t picture like that.





監督は演出を細かくされるんですか?
Director, do you direct in detail?


リム監督:
僕は基本的に細かく指示を出す監督ではないですね。芝居については役者に任せるタイプです。僕の役割としては、その環境をつくって、いろいろ仕掛けているんですけれど、役者が自由に芝居を演じることができるようにすることです。もちろん、自分のイメージとは違う場合には伝えますけれど。あまり細かくは言わないんですが、テイクは何回もありました。

Lim Kah Wai:
Basically, I don’t direct in detail. I leave the performance to actors. I think my role is to prepare the environment and setting so that actors can play as they like. Of course, I tell them if there is gap in between my image and them. Though I didn’t direct in detail, we had many outtakes, too.


「あれは粘らなければ起きないことです。時間がないのにガンガン、そこは粘っていましたね。」

“It didn’t happen if we didn’t stick to the shot. We had no enough time but director always stuck to the chance.”

                                                 

                                                  小橋 賢児
                                                Kenji Kohashi



その粘りはまるで、フランスの写真家ロベール・ドアノー(1912-1994)のヒューマニスティック・ルポルタージュ作品のよう。

The tenacity was as if it was works of French humanistic reportage photographer, Robert Doianeau (1912-1994).




小橋:
でもテイクがOKの時とかわかりましたね。あ、なるほどって。おそらく、タイミングとかサイクルが合わないと、何度も「もう1回」、「もう1回」ってなるんです。でも、そうやっていくうちに、人と人が出会う奇跡のように、タイミングとか、自然に人と人とが交差する瞬間があるんです。例えば、僕がミナミを、心斎橋のストリートを走って駅に向かっているシーンで、たまたま通り過ぎる通行人との行き交い方。
エキストラの人に頼んでやってもらっているわけではないのに、リム監督がこだわってやっていくうちに、まさにハーモニーのようなものが生まれる瞬間が、この流れ完璧だよね!って呼吸が合っていく瞬間があるんですよ。それがおそらく演出家として大事にしている点だと思うんです。あれは粘らなければ起きないことです。時間がないのにガンガン、そこは粘っていましたね。基本的にはまあ、スケジュールが切られていても、けっこう深夜遅くまで押していましたよね (笑)

Kenji Kohahsi:
Anyhow, I got when it was OK. I guessed when the timing wasn’t perfect, director said “one more take”. We tried again and again, we saw the moment people were crossing in natural timing as if it is a miracle when people meet by chance. For instance, I felt it in the scene that I was running to station on the Shinsaibashi street in the Minami area and people were passing by. They were not our extra but there was a moment that we saw we were in perfect harmony after director’s tenacity. I guess he takes this point quite serious as a director. It didn’t happen if we didn’t stuck to the scene until we saw the moment. Despite there were no time left, we worked so hard. Though we had a schedule, in fact, we often worked until late… (laugh).

ソルア:朝5時まで撮影しましたよ〜!

Seol-ah: We were shot until 5 a.m.!

リム監督:本当に申し訳なかったですね(苦笑)

Lim Kah Wai: I really appreciated it. (wry smile).


「撮影中の寒さも大変でしたが、今回は特にインフルエンザが流行っていて、監督と主演のシェリーンさんがかかって大変 でした。ただでさえスケジュールがないのに、僕がなったら終わりだと思ってがんばっていたんですけれど、クランクア ップした翌日に高熱で倒れました。」  

“ It was hard shooting under the cold weather, what’s worse, the flu was going around and our director and leading actress Sherine caught it! Since we scraped along with short schedule, I managed myself to overcome the situation until the end of shooting. Next day, I got down with high fever, though.”  

                                                 

                                                  小橋 賢児
                                                Kenji Kohashi



インフルエンザ陰性のスタッフも高熱に堪えながらの過酷な撮影、あるいはクランクアップ後に苦しむという状況で、冬は予防接種が必須であるという教訓を得たリム組。

Osaka crew learned a lesson that we should have the vaccination against the intense winter after the hard shooting with high fever or came down after the shooting even if they were flu negative.




(c)Lim Kah Wai / Duckbill Entertainment



「監督は本当に自然にイベントを利用して、自然にうまく人を動員していく仕掛けの天才です。」

“Kah Wai is the very mastermind of mobilizing people by making the best use of the public events.”

                                                 

                                                 ベク・ソルア
                                                 Baek Seol-ah



ゲリラ撮影も多かった現場では、フィクションでありながら、言葉の通じない相手、土地だからこそ生じるコミュニケーションのリアルな距離感やシニカルなおかしみが生々しいくらいにドキュメントされていく。

On the guerrilla filming, the distances and humor as strangers seen in their communication were lively documented in this fiction.




ソルア:
監督は本当に自然にイベントを利用して、自然にうまく人を動員していく仕掛けの天才です。初詣に皆さん行きますよね。そこに行って撮ろうって。エキストラいらないでしょ(笑)すべて自然の一部なんです(笑)

Seol-ah:
Kah Wai is the very mastermind of mobilizing people by making the best use of the public events. You might pay a first visit to a shrine on New Year’s Day, right? He brought us to be shot there. No need to organize extras! (laugh). He let the matter take its course! (laugh)

リム監督:
戎橋のカウントダウンとかも人が本当に集まってくれていてね(笑)

Lim Kah Wai:
People gathered for the well-known countdown in Ebisu-bashi bridge in the end of year. (laugh).

こういう“自然派”(笑)な監督の演出方法を、ソルアさんはどのように受け止められて演じられたんですか?日本語のセリフも多くこなされていました。
Ms. Seol-ah, how did you play while his “natural” direction style? You spoke Japanese very well in this film, too.


ソルア:
私はいろいろな監督と仕事をするとき、その監督が望むことを念頭に置いて、監督との対話を大事にします。自分がわからないこととか、疑問に思うことはその都度、監督に質問していきます。今回は私のことをすごく信頼してくれているんだな、と信頼感をすごく感じて、すごく楽に演技ができました。まず、思うように演技してみなさい、と言われ、その後で、こうしてみたら、という風に言ってくれて。私の演技力を引っ張っていってくれる感じでした。

Seol-ah:When I work with directors, I always keep their expects in mind through our dialogues.
Whenever I have something that I don’t understand, I always ask questions to directors. In this time, I could play without any difficulty as I felt that Kah Wai trusted me much. At first, he told me to play as I thought, and later suggested me to play in another approach, which somehow drew my best performance.

リム監督:僕は演出してないから。彼女に任せていました(笑)

Lim Kah Wai: I didn’t direct her play. I left it to her (laugh).

ソルア:(大爆笑)
Seol-ah:(burst into laughing)


3月17日シネ・ヌーヴォ 舞台挨拶
Post screening talk at Cine Nuvo on March 17th, 2013



「マイナス15度のソウルロケは、とにかく本当に寒かった!!!」  

“It’s badly cold under minus 15 degrees weather in Seoul set!!!” 

                                                 

                                                ベク・ソルア
                                                Baek Seol-ah




ソルアさん、ソウルロケの見所をぜひ教えてください。
Ms. Seol-ah, let us know what is highlight in Seoul set?


ソルア:
今回のソウルロケには、観光客が必ず立ち寄るべき名所が全部映っています。南山公園にあるソウルタワーは、ソウルの中心になります。安国洞(アングットン)という韓国の文化的なものがたくさん残っている地域で、韓国旅行をしたことがある人が観たら、「ああ、あそこ行ったことがある!」となり、これから行く人にとっても「ああ、あそこへ行かなきゃ!」というスポットばかりが集まっています。監督はなぜそういう場所を知っていたのでしょう?

Seol-ah:
All tourist spots were shot in this Seoul set. The Seoul Tower in Namsan Park is center of Seoul city. Anguk dong is an area there are many Korean culture remained, where people those who have been to there recall this place and people those who are future tourists also hope to visit there after watch this film. How come our director has known these spots?

リム監督:
向こうのラインプロデューサーが脚本を読んで、ピックアップしてくれたところをロケハンしに行きました。わずか2日間でいろいろ廻って行って、すべて決めていきました。

Lim Kah Wai:
The Seoul set line producer red our scenario and picked up some spots for us. We went location scouting in just two days and made all decision.

ソルア:
安国洞もミナミのように小さな素敵なお店がいっぱいあるところで、似た雰囲気のエリアになっています。

Seol-ah:
Anguk dong is an area similar to Minami and there are a lot of tiny nice shops.

リム監督:全部カットしたよ(ニヤリ)。

Lim Kah Wai: I cut off all the scenes there (grinned).

ソルア:(大きな目をギョロッとさせて監督をにらんで)… 

Seol-ah:(glared at Lim Kah Wai with her big eyes)…

監督:うそ、うそ(ニヤリ)!

Lim Kah Wai: I’m kidding (grinned)!

ソルア:(日本語で)本当に寒いよ!

Seol-ah:(in Japanese) That’s no laughing…

一同:爆笑
All:(laugh)


「結ばれないとしても、人は生きていかなければならない。その中で自分は何を思う、何をするっていうのがある。」

“Even if we failed in a love with somebody, we need to move forward. There are something to think, something to do in the situation and through the process.”

                                                 

                                                 
                                                  小橋 賢児
                                                Kenji Kohashi




大阪3週間26カ所オールロケ。小橋さんから観たこの映画の見所とはどんなところでしょうか?
It was for three weeks, 26 locations were shot in Osaka set. Mr. Kohashi, please let us know highlights in this film.


小橋:
人間は意外と、結ばれないから想いが長く続いたり、複雑に絡み合うことが日常の中にすごくある。距離とか仕事とかがあって、結ばれないとしても、人は生きていかなければならない。その中で自分は何を思う、何をするっていうのがあるんです。

Kenji Kohashi:
When we failed in a love with somebody, unexpectedly it might happen that the love goes on in our mind or is twisted in our daily life. Even if we failed in a love with somebody because of long distance or job, we need to move forward. There are something to think, something to do in the situation and through the process.



(c)Lim Kah Wai / Duckbill Entertainment




小橋:
特に何も起こっていないんですけれど、自分の中でいろいろと揺れ動く、微妙な感覚っていうのが、僕自身も休業中にありました。仕事にしても、恋愛にしても、いろいろなことである意味完成されていないことがいっぱいあって、世の中で生きていく上でいろいろと考えることもありました。進路に悩むタツヤというのは5、6年前の俳優業を休業するときに、自分がこのままやっていっていいのか、自分の可能性を模索していた頃の自分の中の裸の部分というのを掘り下げました。

Kenji Kohashi:
Even though nothing happened, sometimes we might be wavered with delicate feeling in our mind. I myself also experienced it during I was on leave. Both officially and privately, many issues were unfinished and I thought them over and over to move forward. As for the character of Tatsuya who worries about the future in this film, I dug into myself in the past, five or six years ago when I was leaving of absence to pursue my potentiality for the future whether I could continue my career as an actor or not.


「同じ日本人として大阪弁がこれほど難しいなんて。」

“I am Japanese and never thought it was so hard to pronounce, that is Osaka dialect.” 

                                                 

                                                  小橋 賢児
                                                Kenji Kohashi




小橋:
それから多国籍の現場で、言葉の壁がありました。留学して英語を勉強していた時よりも英語を下手に話してくれって言われたのが難しかったです(笑)。そして、それ以上に同じ日本人としてこれほど大変なのか、と思ったのは大阪弁です。本当に難しかったです。特別に方言指導が付いていたわけではないので、大阪弁ネイティブの助監督にチェックしてもらいながら演じました。監督がOKしても、大阪弁がおかしかったらNGを出してほしい、とお願いしたりして(笑)。

Kenji Kohashi:
We also had languages barrier on multi linguistic site. It was difficult for me that I have to speak English much more awkwardly than when I studied English in the United States (laugh). Besides, I am Japanese and never thought it was so hard to pronounce, that is Osaka dialect. Really difficult for me. We didn’t have special dialect coach for me, so I pronounced in accordance with assistant director’s accent as he was one of Osaka dialect native speaker. Even though our director said OK, I asked assistant director to say NG when my Osaka dialect was not acceptable for native (laugh).

記者会見では東京が中心になっている映画産業に一石を投じたい、大阪からアジアに向けて発信していきたい映画である、ということでしたが、これからどのような展開をしていくのでしょうか?
At the press conference, we heard that this film is delivered from Osaka to Asia and it brings up issues in the current situation of Tokyo centered film industry.


リム監督:
日本では映画だけではなく、経済的にもほとんど東京を中心に行われている印象があります。大阪は日本で2番目の都市ですけれど、にもかかわらず、あまり重視されていない。中国には北京があって、上海があって、2つの都市がそれぞれ機能しています。政治的には北京が中心ですが、経済としては上海もあるし、香港もある。韓国の場合は政治的にはソウルですが、経済的には釜山も盛んになってきていて、ソウルが持っていない機能を果たしています。

Lim Kah Wai:
In Japan, we have impressions that not only film industry but also most of economic activities are centered and done in Tokyo. Osaka is so called second biggest city in Japan, yet not counted its active role much. China has Beijing and Shanghai. Both these two cities play active roles respectively. Politically, the center is in Beijing and Shanghai and Hong Kong are function for their economic center. In South Korea, Seoul is center for their politics, and recently Busan is getting stronger for their economy and plays a role which Seoul doesn’t.


「東京だけが中心になっている。日本がなかなか強くなれない理由なのではないか。」

“Only Tokyo is centered. The fact might be one of the reason why Japan has stayed behind in the world.”

                                                 

                                                リム・カーワイ
                                                Lim Kah Wai




リム監督:
いろいろな都市があって、その国が強くなっている気がするのです。日本の場合は東京だけが中心になっていて、ほかの都市、例えば大阪、福岡などは第2、第3の都市と言われている。そのことが日本がなかなか強くなれない理由になっていると思います。大阪も東京みたいに重視されるようになれば、日本も変わると思います。映画産業にしても、これまでずっと東京を中心にやってきていますが、これからは多少大阪でも東京のような機能を担うようになったら、もっとおもしろくなってくると思うんです。でも、そういうことは映画をやっているひとたち、特に東京の人たちはあまり気づいていないんです。この映画をつくることによって、みなさんに何かインスピレーションというか、アイデアが出てくるきっかけになればいいなと思います。すぐには難しいことかもしれませんが。

Lim Kah Wai:
Supposedly, various cities diversity makes the nation strong. In Japan, only Tokyo is centered and other cities like Osaka and Fukuoka are regarded as second, third city. The fact might be one of the reason why Japan has stayed behind in the world. Once Osaka is taken seriously as of Tokyo, Japan will be changed. The film industry also has been centered in Tokyo, however, once Osaka will play somehow roles as of Tokyo, the industry is going to be much exciting. But the people inside the film industry, especially people working in Tokyo, have not been much aware of it. I hope this film could be an inspiration or a start for new ideas. It might be not happened easily though.


3月17日シネ・ヌーヴォ 舞台挨拶
Post screening talk at Cine Nuvo on March 17th, 2013




アジア同時多発公開を目指していると。
Are you going to release this film simultaneously in Asia?


リム監督:
この映画はすごく小さい映画ですけれど、ぜひ、舞台挨拶はアジアツアーでやりたいですね。

Lim Kah Wai:
Though this film is not big scale one, hopefully we can go to Asian release tour.

加藤:
ピーチとかジェットスターとかのLCC(格安航空)で、すごく安く来れますから。親しみを感じてもらって、ああ、キレイだな、というような印象を持っていただけたら。大阪以外の日本の皆さんや、アジアの皆さんが映画で観て、ミナミへ行ったら、ごっつぃ男前とか別嬪さんに会えるんちゃうかな、という素敵な勘違いをしてくれて、今度大阪へ行ってみよう、って周りに声かけしたくなるような映画として公開したいと思います。

Kato:
LCC such as Peach and Jet Star are available in Kansai International Airport. We hope audiences feel close to us and have impressions with beautiful landscapes in our film. We are going to release out this film, hopefully our audiences in Japan and Asia would fortunately misunderstand that they can happened to meet with nice guy and beautiful girls if they travel to Osaka.


      



「この映画を観て、皆さんが恋をしたい気分になってくれたら。」

“I am happy if the audiences would feel like falling in love with somebody after this film.”

                                                 

                                                リム・カーワイ
                                                 Lim Kah Wai




それでは最後に、読者へのメッセージをお願いいたします。
Please give your message to our readers!


小橋:
クリスマスや年末のちょっと前くらいに観て、その時期に大阪へ、ミナミへ来たいなって思う映画です。たまたま香港や韓国で観た人が、ここ行かないと!って思ってくれたら。

Kenji Kohashi:
Our film certainly tempt audiences to visit Osaka and Minami area during holiday season if watch before Christmas and New Year holidays. We are happy if people in Hong Kong and Seoul watch this film by chance and feel like coming to Osaka.

ソルア:
皆さん、映画をいっぱい、いっぱい観てください。この映画は本当に温かい映画なんですね。映画を通して、皆さんがいろいろなロケ地に関心を持っていただけたら。私は韓国で活動していることが多いのですが、皆さん、私にも熱い応援をよろしくお願いします!

Seol-ah:
Please watch our “Fly Me to Minami”, more than once! This film is really heartwarming. We are happy everyone would be interested in the locations in our film. Mostly my work are centered in South Korea but please support me, too!

リム監督:
まず、映画を観に来てください。そして、たくさんのメッセージを発見してください!あらゆる瞬間に、カット、あらゆる音、すべて、メッセージですから!ぜひ、体感してください。難しく考える必要は全くありません。自然にこの世界に入って、楽しんでいただけたら、一番いいな、と思います。この映画を観た皆さんが恋をしたい気分になってくれたら嬉しいです。
クリスマス前後、お正月にかけて、ロングラン目指します!

Lim Kah Wai:
First of all, please come to see our film and find a lot of messages! Every moment, every single cut, all sounds … everything is message! Just feel them. No necessary to take them seriously. It would be the best if people could get into the world naturally and enjoy it. I am happy if the audiences would feel like falling in love with somebody after this film.
Over the Christmas and new year holidays, we will try our best to be a long-run film!





『Fly Me To Minami ~恋するミナミ~』  
2013年/日本・シンガポール Japan Singapore
英語、中国語(広東語)、日本語、韓国語/106分
English, Chinese(Cantonese), Japanese, Korean 106 mins
監督:リム・カーワイ
Director:Lim Kah Wai
出演:シェリーン・ウォン、ベク・ソルア、小橋賢児、竹財輝之助、藤真美穂、石村友見
Cast: Sherine Wong, Baek Seol-ah, Kenji Kohashi, Terunosuke Takezai, Miho Fujima, Tomomi Ishimura
製作・配給ダックビル・エンターテイメント
Production/Distribution: Duckbill Entertainment

2013年11月公開予定。

website:http://flyme2minami.com



リム・カーワイ(林家威/Lim Kah Wai)監督

1973年マレーシアのクアラルンプール出身。
1998年大阪大学基礎工学部電気工学科卒業。
東京通信会社で6年間エンジニアとして勤めた後、2004年9月に北京電影学院の監督コースに入り、いくつかの合作映画の現場(『プラスティック・シティ』『墨攻』『夜の上海』)で助監督や製作コーディネーターとして参加する。2005年釜山国際映画祭主催のAFA(アジア・フィルム・アカデミー)に選ばれ、侯孝賢の下で演出を学んだ。2009年、北京で撮影した『アフター・オール・ディーズ・イヤーズ』で長編デビュー。2010年香港国際映画祭、大阪アジアン映画祭、サンパウロ国際映画祭に公式招待される。2010年、第2作目『マジック&ロス』を香港で撮影し、釜山国際映画祭で初上映され話題を呼ぶ。同年、立て続けに撮った第3作目『新世界の夜明け』ではCO2(シネアスト・オーガニゼーション大阪)の観客賞&技術賞をダブル受賞。
どこにも定住せずに漂流を続けており、作品ごとに場所やジャンルを変える、多層的な作品を撮る鬼才監督である。

Born in 1973 in Kuala Lumpur, Malaysia. He graduated from Osaka University in 1998. He studied directing at Beijing Film Academy. After working as an assistant director, he directed his first feature film After All These Years in 2009 which was selected for several film festivals. Magic & Loss was his second feature film. His third feature film New World won two prizes in CO2.

website:http://cinemadrifter.jimdo.com

シネ・マレーシア2013 映画祭
会期:5月24日〜31日
会場:オーディトリウム渋谷
website:http://cinemalaysia.com

リム・カーワイ特集
『新世界の夜明け』
5月29日(水)19:00〜

『Fun Fair』+リム・カーワイ短編集
5月29日(水)21:00〜
ブラジルに住む日系人やアジア人を追ったドキュメンタリー『Still Life in Mobile Town』は世界初上映!



小橋 賢児 Kenji KOHASHI

1979年、東京都出身。
NHKドラマ「ちゅらさん」シリーズ(2001~2007年/演出:大友啓史ほか)、ドラマ「打ち上げ花火 下から見るか? 横から見るか?」(1995年/岩井俊二監督)、『スワロウテイル』(1996年/岩井俊二監督)、『あずみ』(2003年/北村龍平監督)など数多くの作品で活躍。2007年、自らの可能性を広げるため俳優活動を休止、アメリカへ留学。その後世界中を旅しながら映像制作を開始。
帰国後、ファッションブランドのPV監督やDJ、イベントプロデュース等、俳優の枠を超えてマルチに活動。2010年、初対面の高橋歩からルート66をハーレーで横断したいという夢を持ちながら、26歳の時に事故で障害を持って、障害を理由に自分の夢を半ばあきらめていた車いすの不良オヤジ“CAP”との旅の構想を聞き、インスピレーションを得て旅の記録を映画化することを熱望、アメリカ大陸4,200キロの旅の全行程に同行して自らカメラを回し、長編ドキュメンタリー映画『DON’T STOP!』を完成。「SKIPシティ国際Dシネマ映画2011」にて「SKIPシティアワード」を受賞、同時に「SKIPシティDシネマプロジェクト第2弾支援対象作品」選出。

Born in 1979, Tokyo.
NHK TV drama “Chura-san Series,” (2001-2007), “Fireworks, Should We See It from the Side or the Bottom?”, “Swallowtail Butterfly”,“Azumi” and others. In 2007, he decides to take a break from his acting career and went to the U.S. Since returning to Japan, he has been directing promotional videos for fashion brands, performing as a DJ, and producing media events. “Don’t Stop!” is his directorial debut. In 2010, making his first feature,”DON’T STOP!”, a documentary of the journey of Cap, a wheelchair-bound motorcycle enthusiast, whose dream it was to travel across Route 66 and Ayumu Takahashi,famous writer in Japan. It won the SKIP CITY Award 2011 and the 2nd SKIP CITY D-Cinema Project.

ドキュメンタリー映画『DON’T STOP!』
DVD 近日発売!
website:http://dontstop.jp



ベク・ソルア Baek Seoul-ah

1983年、韓国・ソウル出身。
『大変な結婚—家門の危機』(2005年/チョン・ヨンギ監督)、『青春漫画〜僕らの恋愛シナリオ〜』(2006年/イ・ハン監督)、『モダンボーイ』(2009年/チョン・ジウ監督・脚本)、『失踪』(2009年/キム・ソンホン監督)、『ホーム・スィート・ホーム』(2011年/ムン・シヒョン監督)ほか、SBS時代ドラマ『王と私』(2007)、『イルジメ〜一枝梅〜』(2008)、MBCドラマ『白い嘘』(2009)、『ピンクのリップスティック』(2010)、ほか舞台女優、モデルとしても活躍している。

Born in 1983, South Korea, Seoul.
Actress/Stage Actress/Model
“Marrying the Mafia II”(2005),”Hello Schoolgirl”(2008), ”Modern Boy”(2009), “Missing”(2009),”Home Sweet Home”(2011), SBS historical play”King and I”(2007),”Iljimae”(2008), MBC drama ”White Lie”(2009), ”Pink Lipstick”(2010).

POSTED BY
Mitsutomo KAWAMURA
Mitsutomo KAWAMURA
1977年生まれ。洋服だけでなく、あらゆるジャンルの"表現者"と共にシーンを創る、
そして紡ぐということをコンセプトに2006年にエージェント4Kを設立。