CP -ONLINE REPORT MEDIA from TOKYO・CREATORS PARK- 東京・クリエイターズパーク

  • YouTube
  • facebook
  • twitter
  • RSS
TOP | NEWS

theatre tokyo / creator’s park スペシャルインタビュー

2013.11.19 up
theatre tokyo スペシャルインタビュー
       

Vol. 13 わたしたちが拓いていく世界
『空低く 大地高し』 ノンタワット・ナムベンジャポン監督 

Thailand and Japan, Our Common Issues
Interview to Filmmaker Nontawat Numbenchapol ‘Boundary’


text (JP&EN)/photo : Junko HOMMA
special thanks to interpreter Miwa TAKASUGI

* このインタビューは山形国際ドキュメンタリー映画祭会期中の10月12日に行われたものです。
今月11月11日、国際司法裁判所よりプレアビヒア遺跡についての判決が下されました。
This interview was done on Oct 12th, during Yamagata International Documentary Film Festival 2013.
On Nov 11th, International Court of Justice has rendered its judgement over the Preah Vihear case.

タイ、バンコクのスケートボードシーンを牽引してきたPreduce Skateboard と製作した『Weirdrosopher World』(2005)でドキュメンタリー映像作家としてデビュー。憧れのスケートボーダーを神と崇める若者と、彼らのライフスタイルを理解できず、罵倒する家族や社会を描いた。そして今年公開された『空低く 大地高し』(2013)、同じく今年ロカルノ映画祭で 特別表彰された『By the River』(2013)では、国境紛争や国内外の政治の狭間で生きる人々や、河川の汚染とともに生きる人々を描いている。日本ではストリート・ファッションシーンと社会派というようにはっきりと分かれてしまう傾向があるけれども、と伝えると、『Weirdrosopher World』もある空間において対立している二者について社会的視点で描かれており、取り組む姿勢は一貫して何ら変わりないのだという。

『空低く 大地高し』と『By the River』を通して考えてみると、日本とタイには同じプラットフォームで検討することのできる共通の、重要な課題がある。いま、この時代にわたしたちの世代は、どのようにして世界 “boundary”を拓いていくことができるのか。どのようにしてわたしたちの”channel”を見い出すことができるのか。山形国際ドキュメンタリー映画祭でのノンタワット・ナムベンジャポン監督へのインタビューを通して、考えてみたいと思う。

Thai filmmaker Nontawat Numbenchapol made his debut by documentary Weirdrosopher World (2005) directed with Rthit Pannikul and Preduce Skateboard. The film shows a social divide in between young skaters in Thailand who enthusiastically admire professional skaters, and their family/society those who do not understand skaters’ lifestyle. In this year, Boundary (2013) and By the River (2013), won a Special Mention prize at its world premier at Locarno International Film Festival this year, have brought us closer to the reality of villagers living in the political conflicts of Thai-Cambodia border or living with the river contaminated by a mineral processing factory in Kanchanaburi province. I told Nontawat that Japanese filmmakers’ theme tend to be divided into fashion scene or social issues. He answered that his social perspectives towards the emerging issues among two sides in a space have been nothing changed from Weirdrosopher World.

Over his recent films Boundary and By the River, we will see some important common issues both in Japan and Thailand that we can discuss on the same platform. How our generation can open up our “boundary” among these social issues today? How we can get our “channel” for it? Let’s think from the interview to Nontawat Numbenchapol on the occasion of screening of Boundary at Yamagata International Documentary Film Festival 2013.



いま、この時代に、わたしたちの間に横たわるものとは?
What is our “boundary”?




日本も近隣諸国と領土問題を抱えています。残念ながら、それは映画の製作にも影響を与えることがあります。ノンタワット監督は係争中の国境地域を主題とした作品で、その当事国であるカンボジアとともに国際共同製作しており、大変意義が大きいと感じています。

Japan also has territory issues with neighbor countries. To our regret, sometimes it affects seriously on our film industry. Having the international co-production with Cambodia and France on your filmmaking, you made a big step forward concerning the disputed Thai-Cambodia border.


ノンタワット監督:
タイとカンボジアの国境地域にあるヒンドゥー寺院であるプレアビヒア寺院は、50年前に国際司法裁判所によって、カンボジアに帰属するという判決が出ていました。カンボジア政府が世界遺産に登録すると言い出したことによって、タイの一部のグループが、プレアビヒア寺院がタイのものであると主張し始めました。別の時期であれば、問題にならなかったと思います。たまたまタイを二分してしまうような、赤シャツ派[農村部のタクシン派を中心とする]と黄シャツ派[都市部の反タクシン派]として国内が対立している時期だったので、政治的に利用されてしまったのです。赤シャツ派は親カンボジア派でもあり、プレアビヒアの帰属問題についても、カンボジア領として支援していたのです。[当時のタイ外相はこの支持のためにカンボジア副首相と交わした覚書について、タイの領土に関わる条約について議会承認を得ないまま国際的な調印を行ったことが憲法違反に当たるとして野党に弾劾され、辞職に追い込まれた。]

バンコクの人々は渋滞を巻き起こすなどの問題から赤シャツ派のデモを嫌っていました。治安部隊の介入で多くの人が亡くなっても、その介入を支持していました。友人も含めて、そのような態度であったためにびっくりしたんです。

Dir Nontawat:
Preah Vihear temple was awarded to Cambodia by the International Court of Justice 50 years ago [in 1962]. Upon the bid by the Government of Cambodia to list Preah Vihear as a UNESCO World Heritage Site [in 2008], the pro-Cambodian Red Shirts supported it, then some group of Thailand started to demand Preah Vihear belonged to Thailand. If the application would be done in different timing, it wouldn’t become a matter. However, it was drawn into a situation of domestic politics in Thailand when the nation had been divided into two, that is the Red Shirts [supporters majority of from countryside and urban lower classes, mostly pro-Thaksin Shinawatra] and the Yellow Shirts [majority of supporters from royalist, upper and middle class of Bangkokians, anti-Thaksin]. The Red Shirts had supported for Cambodia’s sovereignty of Preah Vihear.

Bangkokians has been felt bad on the Red Shirts’ demonstration since it has caused heavy traffic jams. Even the crackdown of security force against protesters resulted in many peoples’ deaths, Bangkokians including my friends supported the military intervention. The attitude surprised me so much.


2010年の大晦日にノンタワット監督がバンコクで感じた違和感から『空低く 大地高し』は始まる。その場所は、その春、赤シャツ派のデモ隊への治安部隊介入によって100人もの犠牲者が生まれた交差点だった。
ノンタワット監督は、その治安部隊での任務を最後に除隊したオードという青年に出会い、シーサケート県の実家へ帰るという彼に同行する。オードは経済的、政治的に自治権を得ようとするイスラム教徒と政権とで対立しているタイの深南部での8ヶ月間の任務を経験していた。そして、オードの村はカンボジアとタイ両国間でその帰属を巡って係争中のプレアビヒア寺院のタイ側国境にあった。

Boundary begins from the gap which filmmaker Nonthawat Numbenchapol felt in Bangkok in the end of year 2010. The place was Ratchaprasong intersection where nearly 100 civilians and solders fell victim to the military crackdown against the Red Shirts protesters early in the year. Nonthawat happened to meet a discharged young solder, Aod, who had just completed his military service, the security force for Ratchaprasong was his last mission. Aod was on the way to his hometown in Sri Sakaet province and Nontawat accompany with him. During his military service, Aod had spent for 8 months in Thailand’s deep south, where ethnic separatist insurgency has been taken place by local Muslim community which demand for economic and political autonomy against the government. Aod’s village was on Thai-Cambodia border near Preah Vihear temple under dispute at that time.




実際に国際共同製作はどのように進んでいったのですか?
How the international co-production was going?


ノンタワット監督:
タイ人としてこの紛争中の相手国に撮影に行くということは非常に困難なことでした。タイ側から陸路での入国は叶わず、結局プノンペンへ飛行機で入り、そこからプレアビヒア寺院へ向かうというルートをとりました。カンボジア人に撮影に同行してもらおうとしたのですが、僕のことをタイ人と知ると、同行したくないという人ばかりで。タイ人としてできないことがあるということを初めて知りました。自分のタイ人としてのアイデンティティを否定されて悲しかったですね。

Dir Nontawat:
Being a Thai, it was no easy journey to film the counterpart country under the border conflict. Since the entry from Thailand by land was impossible, I had to take a flight to Phnom Penh, then went up to Preah Vihear temple by car. I had needed a Khmer guide accompany with me. However, once they have known me I am a Thai, they didn’t want to come with me. It was first time to know I have something impossible to do because of my own nationality. I felt sad that my identity as a Thai was denied.


海外の映画祭から拓かれていく世界
The channels opened up through international film festivals




ノンタワット監督:
カンボジア系フランス人であるダヴィ・チュウ監督との共同製作ができたことは非常に大切なことでした。自分一人で製作したら、タイ側の一方的な視点でカンボジアを描いてしまうものとなり、これほど完璧なものとはならなかったと思います。
たまたまインターネットで『ゴールデン・スランバーズ』(2011)のことを知って、ダヴィと知り合いになりたいと思っていました。彼もシンガポールのアーツ・ネットワーク・アジアの助成金を使って映画を撮っていたからです。僕もまた、釜山映画祭から映画の製作資金を支援してもらっていて、そのことを知ったダヴィからメールが来たんです。「タイとカンボジアの映画を撮るんだってね。僕も釜山に行くから、会わない?」と。メールをもらって、とても嬉しかったです。
釜山で会って、すごく気が合いました。カンボジアでの撮影で困難を抱えていることを相談しました。ダヴィは、カンボジアでの撮影に関して、プロデューサーをしようと言ってくれました。だからといって、物事が容易になったわけではありません。やはり自分がタイ人であることを明らかにすると、安全が確保されない可能性があったのです。

タイ側からビデオカメラを持ってプレアビヒア寺院に入っていったタイ人が、カンボジアで逮捕されていました。刑務所に入って3年ほど経ちますが、まだ釈放されていないのです。彼らが逮捕されたのは、おそらく、プレアビヒア寺院を取り戻そうという意図をもって、撮影しようとした彼ら自身の態度に問題があったのではないかと思います。そういう難しい状況にあることを知っていたので、平和を思う意思をもって撮影に臨みました。

Dir Nontawat:
It was quite significant that I could have a Khmer French filmmaker Davy Chou for this co-production happened. No wonder this film would not be such perfect that would be one-sided Thai perspective towards Cambodia, if I made this film alone.
Come across Davy Chou’s documentary film Golden Slumbers (2011) on Internet, I wanted to get to know him in person. Because he also made the film funded from the Arts Network Asia of Singapore. I was also funded from Busan International Film Festival and I got an e-mail from Davy, “Are you going to make a film about Thailand and Cambodia, aren’t you? I’m coming to Busan, so shall we meet up there?”. I was so glad with his message.
We hit it off each other in Busan and I told him that I had some difficulty in shooting in Cambodia. Davy offered me to be a producer for the part in Cambodia. But the things still didn’t go easy. There was still insecurity condition if I was identified as a Thai.

Two Thais with video camera crossed border to visit Preah Vihear temple were arrested in Cambodia. It’s been for 3 years or so and they are still in the prison in Cambodia. No wonder they were arrested because of their ill-intended attitude to record with their video camera since they wanted to return the temple to Thailand. Under the difficult situation, I faced the shooting for the sake of peace.





Yamagata International Documentary Film Festival After Talk on Oct 13th.

「アピチャートポン・ウィーラセタクン監督の『ブンミおじさんの森』(2010)では、スチールカメラマンとして5ヶ月間を共に過ごしました。監督の影響があるとしたら、映像面ではあるかもしれない。でも、物語の展開は自分らしさを心がけたので、自分の映画はわかりやすいと思います(笑)。」
“Being a still photographer, I spent for 5 months together for Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives (2010). I might be visually influenced by Dir Apichatpong, however, I tried to have my own style storytelling so my film should be easier to understand (laugh).”




ノンタワット監督:
ダヴィが『ゴールデン・スランバー』の上映会をNYで行ったときに、在米カンボジア人が観に来ていました。たまたまプレアビヒアに実家があるペンレアック・チャンという女性がいて、彼女は弟や親戚に協力を頼んでくれました。彼女がそのようにしてくれたのは、故郷のカンボジアに対して、タイ人が何をしたか、タイ人にも知ってほしいと思ったからです。

彼女から頼まれた条件が一つありました。プレアビヒアでは絶対にタイ人と名乗らないように、NYから来た彼女の友人で、中華系アメリカ人だと名乗りなさい、というものでした。タイ人と知られれば、撮影が大変な状況になると思われたからです。タイ人と名乗らなかったので、実際にカンボジア人はものすごく親切で、ハッピーな滞在となりました。
映画の中で4人のカンボジア人が語り合っているシーンの皆さんにだけ、僕がタイ人であることを明かしていました。NYの支援者の親戚だったので、僕がタイ人であると知っても、親切にしてくれました。もちろん、自分としては嘘をついている状況が嫌で、とても居心地が悪かったので、あまり長く滞在できませんでした。

Dir Nontawat:
When Davy had a screening of Golden Slumbers in New York, I got an opportunity to talk with Khmer audiences living in the United States. We happened to meet Ms. Penhleak Chan who came from Preah Vihear and he asked her younger brother and relatives to support our shooting. She supported us because she wanted to raise awareness among Thai people what Thai had done against her home country, Cambodia.

One condition she had asked me was I needed to disguise my Thai identity as a her friend Chinese American from New York. If people found I was a Thai, the shooting might turned out to be tough situation. Introduced myself as Chinese American, Cambodian people were so nice to me and I could spend time there happily. In the film, there is a footage that four Cambodian are talking about the border conflict, they were relatives of supporter in New York. Only them knew I am a Thai, however, they were nice to me, too. Of course, I was uncomfortable for this situation and I couldn’t stay there any longer.

カンボジア国内でも上映はされていますか?
Has Boundary already shown in Cambodia? 


ノンタワット監督:
カンボジアでの上映も検討されているところです。ベルリン映画祭で上映したときに、カンボジア人からの反響は良いものでした。タイ人やバンコクの人間を批判するフッテージを敢えて挿入しており、カンボジア人も共感の持てる視点でつくられていたのが良かったようです。

Dir Nontawat:
Not yet, but some offers have been coming from Cambodia. At the premier at Berlin International Film Festival 2013, it was well received by Cambodian audiences because I didn’t hesitate to put some critical footages towards both Thais and Bangkokians.


「国家の安全に関わる事項」。それでもわたしたちは拓いていく。
“A threat to national security” – Yet, it can’t stop us.




現在日本では憲法によって検閲は禁止されていますが、「秘密保全法」という法律を政府は今国会で立法化しようとしており、映画製作や上映に関しても、情報へのアクセスが難しくなる事態が危惧されています。
『空低く 大地高し』でも「Free Thai Cinema Movement」のクレジットがあり、公式Facebookページでもタイムラインで拝見していましたが、その目的や活動についてご紹介いただけますか?

Now censorship is banned by our Constitution in Japan. However, our government has tried to legislate the controversial state secret protection bill and we are anxious about the limited access to information and threat to freedom of expression regarding the potential penalties for prosecution and imprisonment all parties concern; those who leak information and also those who access it. If the bill is passed, it possibly affects on filmmaking and screening, too.
The credit of “Free Thai Cinema Movement” is seen in Boundary and also some posts were seen on the Facebook official page. What is “Free Thai Cinema Movement” ?


ノンタワット監督:
Free Thai Cinema Movementの活動は始まって6年になります。アピチャートポン・ウィーラセタクン監督の『世紀の光』(2006)のバンコクでの上映の際に、検閲で4シーンカットが決まったときからです。アピチャートポン監督はこの決定に抗議をするために、この活動を始めました。実はこの6年の間に、『Insect in the Backyard』(2010、タンワリン・スカピシット監督)、『Shakespeare Must Die』(2012、イン・カンチャナヴァニット監督)という2本の映画が検閲によって上映禁止になっているんです。その当時は、アピチャートポン監督自身は『ブンミおじさんの森』(2010)を撮影していたので、他のメンバーが活動をサポートしていました。
[2008年映画・映像法により、レイティングが導入され、検閲による上映禁止が強化されている。Free Thai Cinema Movement は2007年の法案時に抗議活動を行っていた。]

Dir Nontawat:
It’s been for 6 years that Free Thai Cinema Movement started since when the Board of Censors demanded Apichatpong Weerasethakul to cut four scenes from his feature Syndromes and a Century (2006) for domestic release in Bangkok. He started this movement to protest the censorship decision. Last six years, two films were banned; Tanwarin Sukkhapisit’s Insects in the Backyard (2010) and Ing K’s Shakespeare Must Die (2012). While Apichatpong’s shooting on Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives (2010), other members supported the movement.
[Film and Video Act institutes a film-rating system and strengths censors to ban films. In 2007, Free Thai Cinema Movement protested its legislation.]


ソーシャル・ネットワークからの世論形成が検閲を動かす
Public opinion aroused from social network system can make change




『空低く 大地高し』はベルリン国際映画祭でのワールドプレミア、サラヤー映画祭での国内初上映の後、国内上映禁止と検閲当局から言い渡され、そのわずか2日後にその決定は誤りであったとして撤回されました。どのように抗議活動が展開されていったのですか?

After the world premier at Berlin International Film Festival and national premier at Salaya International Documentary Film Festival, Boundary was banned by the government censors for “a threat to national security and international relations” and just two days later the order was cleared for domestic release in this April. How the protest was going?


ノンタワット監督:
それで『空低く 大地高し』について「上映禁止」が言い渡されたとき、アピチャートポン監督がもう一度この「Free Thai Cinema Movement」の活動を行おうということになりました。検閲当局から本編の冒頭の音をカットするようにという指示が出ていました。アピチャートポン監督はカットするべきではない、という意見でしたが、僕はカットすることに決めました。
検閲に対して以前と大きく違う点は、皆、Facebookを活用するようになっていたので、より反響が大きいものとなりました。検閲による上映禁止の決定を公式Facebookに夜の間に書き込んで、そのシェアは2000人、ビューは100万人を越えました。翌朝、テレビ局や海外の通信社からも電話で問い合わせが殺到しました。

検閲当局は「国家の安全と国際関係に関わる事項」として上映を禁止しようとしましたが、「民主主義にもかかわらず、意見を表明してはいけないのか?」という議論を巻き起こしました。Facebookで検閲に対する意見を募集して、500人からの投稿が集まり、それをまとめてシェアしていったんです。社会的な反響が大きかったので、各種マスコミで報道されました。世論による圧力の大きさから検閲当局が再検討をし、上映禁止の決定を取り消しました。どんなに政権が交代しても検閲のメンバーは変わらず年輩の世代で、今回のFacebookの圧力にもついていけず、動揺していました。今後はそんなに簡単に上映禁止にはできないでしょう。

Dir Nontawat:
Following the Boundary case that was announced a countrywide ban, Apichatpong has revived this Free Thai Cinema Movement. The Film and Video Board approved my film with an 18+ rating and a request to mute sound in the opening footage. Apichatpong said I should not mute it but I responded to the request.
Dramatically changed from before is today everyone uses Facebook and it caused great sensation against the censorship. Posted the ban over my film on Boundary’s official Facebook page became an overnight sensation. The post was shared by 2000 users and the viewer was over a million. Next morning, inquiry phone calls flooded in from TV stations and international news agencies.

The ban over Boundary for “a threat to national security and international relations” by the censorship board raised a discussion on our democracy and free expression. We called for opinion to the censorship on Facebook, got 500 users’ posts and shared it. With huge social response, it reported by mass media. With big pressure from the public, the Board had to reconsider about this case and the ban was cleared.
Whatever the regime has been transformed, the censorship juries have been same old generation and they were upset with our Facebook pressure. We believe the future censor will not issue the ban such easy.




『空低く 大地高し』(2013) Boundary (2013)                

Courtesy of Yamagata International Documentary Film Festival

タイトルについて“国境”以上の意味を込められるタイ語のタイトルを探していたときに、タイ語と哲学の教師をしている母が思い出してくれた70年代の『空低く、大地高し』という金持ちと貧乏人の階級差を越えた愛の歌。作詞者はプレアビヒア奪還運動の指導者だった。「プレアビヒアは地上の天国のようで、争いがばからしくなるところです。そこに立っていると、美しい地平線は大地より低いところにあるんです。国の指導者が高いところから降りてきて人民と話せば、解決できるのではないか。そうすれば下にいる人民も高いところへ行けるのではないかと。」

“I was looking for the Thai title for my documentary which is more meaningful than ‘boundary’. My mother, who is a teacher of Thai and philosophy, recalled there was a Thai song in 70’s. That was The Sky is Low, the Land is High, a love song of a couple who overcome their gap in between the rich and the poor. The Thai title named after this song. What our fate is, the songwriter was a leader of the regain Preah Vihear movement. Preah Vihear is like the paradise on our earth and it is ridiculous to have any conflict there. Standing there, the beautiful horizon is below the earth. I wonder if the leader of nation came down from the top to discuss with people, the conflicts would be solved and people also could go higher. ”



転換期のドキュメンタリー映画、見せるものから、観たいものへ
Documentary film in a transition period:
From passive showing to active involvement




検閲による上映禁止の決定が退けられた後も、チケットが劇場側で販売されず、監督側で販売せざるをえなかったのはどういったことからですか?
After the ban was cleared for Boundary’s domestic release, why you had to manage ticketing by your end?


ノンタワット監督:
劇場選びも大変でした。ある劇場のプログラマーは本作品の上映に賛成してくれませんでした。それは彼自身がプレアビヒア寺院のタイへの奪還運動の支持者だったからです。いろいろ話し合いを重ねて、タイ最大のメジャー・シネプレックスという映画館グループがバンコク市内の1館と、地方ではチェンマイ県など北部、東北部で各1、2館7日間ずつということで上映を受け入れてくれました。
ただ、これまで政治を直接テーマにした映画を扱ったことがなかったので、劇場側が自信がなくなってきて。通常の上映システムでは上映せず、劇場を貸すので、チケットも自分で売って下さい、何か事件が起こったとしても、劇場は責任を取らないというスタンスでした。結果的に問題は何も起こらず、毎回満席になりました。よくぞ上映させたと誉められました。観客の層を広げたということで劇場も喜んでいました。

Dir Nontawat:
The booking theatre was also difficult. A programmer of theatre didn’t agree to screen Boundary, because he was a supporter of regain Preah Vihear movement. After discussions, the Major Cineplex accepted to show my film 7days screening per theatre, one theatre each city, that is in Bangkok, Chiangmai, Khon Kaen and Udon Thani.
However, they hadn’t showed sensitive political films in the past, eventually they lost their confidence to show in their service. They just let me use the theatres and I had to take all responsibility including ticketing and even emergency. After all nothing happened and all screening were full. The screenings were highly praised. Major Cineplex also was happy with this situation and I was told that Boundary widen the ranges of audience.


『空低く 大地高し』では、オードというタイ東北部出身である一青年の存在から、タイ国内、国境地域の紛争とともに生きる人々の思いの点と点とがつながっていき、政治とは何であるのか、平和とは何であるのか、問題の所在が浮かび上がる。

In Boundary, Aod, a Thai youth came from northeastern Thailand, connects us point to point that inhabitants’ feeling and reality have been emerging in disputed areas in Southernmost, Bangkok and Preah Vihear. What is our politics for and what is our peace surface from this journey.




ノンタワット監督:
観終わった観客たちは非常にシリアスな雰囲気になっていました。バンコクの人々は今まで地方やカンボジアを見下していました。カンボジア人に対して、怖いと思っていて、その観方は間違っていると思います。そういった態度について、カンボジア人がどういう風にタイを批判しているかが分かって、観客はほっぺたを引っぱたかれ続けているような、非難されているような気持ちになったようです。そして、地方での国境紛争が、実は都市部で楽に暮らしている自分たちの政治が引き起こしているという現実に衝撃を受けていました。バンコク出身の自分はショックを受けるというよりも、ドキュメンタリーの中で語られている通りだと思いました。

Dir Nontawat:
The audiences got very serious after they watched Boundary. Mostly, Bangkokians have looked down on countryside in Thailand and Cambodia. They were afraid of Cambodian people. The perspective is unreasonable. The audiences seemed to feel like coming under attack as if they were given hard slaps in their faces when they found how Cambodian people have criticized about such Thai attitude. The audiences also were shocked with the fact that the border dispute was caused by the politics among urban population those who enjoy their own life without fear. Though I am one of Bangkokian, I rather affirmed that was true that the inhabitants were talking in the footages than shocked.

そのバンコクの人々の非難されているような気持ちというのは、今回の山形国際ドキュメンタリー映画祭でも上映されている沖縄の米軍基地や福島の原発事故の問題について、東京でも同様のことが言えると思います。

For the feeling of Bangkokians when they felt the critic, it is similar to the situation of Tokyoites concerning the issues of US Military Bases in Okinawa and Fukushima nuclear plants, related documentaries have been showing at this Yamagata International Film Festival.





現在オードはバンコクへ戻り、ホンダの工場で働いているそうだ。
Aod returned to Bangkok and has been working for HONDA assembly.




ところで、『空低く 大地高し』は「キャンパスツアー」として各地の大学を巡回されているんですね。
By the way, Boundary Campus Tour has been visiting various universities throughout Thailand, right?


ノンタワット監督:
これは自分から企画したことではないんです。たくさんの大学からオファーをいただいています。思いがけないことでした。大学にとって、この映画が教育にとてもふさわしい作品であるということなんです。東南アジア学科、人文学科、映画学科、社会学科など、いろいろな学科で上映されています。以前タマサート大学で学長をされていた、東南アジア歴史学者のチャーンウィット・カセットシリ先生が特に気に入ってくれて、4県から5県に連れて行ってくれています。キャンパスツアーのことをFacebookで告知したところ、さらにたくさんの大学から来て欲しいという問い合わせがありました。

Dir Nontawat:
I didn’t arrange the Campus Tour by myself. Many offers have been coming from various universities. It was unexpected. Boundary is said that it’s good for their education and has been showing at various departments such as Southeast Studies, Humane Studies, Film Studies and Sociology. Especially, former Rector of Thammasat University, Dr. Charnvit Kasetsiri, one of the leading historians in Thailand and Southeast Asia, likes Boundary and has took me to several provinces. After I informed the Campus Tour on Facebook, more and more universities have wanted the tour to come.

各地の学生の反響はどうですか?
What kind of impressions those students had?


ノンタワット監督:
バンコクやチェンマイといった大都会の学生は、興味のある学生とない学生にきっぱり分かれていました。興味のない子は映画の上映中もiPhoneをいじっています。地方、特にカンボジアと国境を接している東北地方の学生たちの反響はとても良かったです。映画の中に出てきたスリン県での上映では特に反響が大きかったです。上映後に話しかけてきたり、敬意を表してくれる学生が多かったです。

Dir Nontawat:
Students in urban city like Bangkok and Chiangmai, they were definitely divided into those who were interested in and those who not. Some students were playing iPhone even during showing. It was well received by students especially in northeastern region border Cambodia and in Surin Province where some footages of the province were seen in the film. They showed their respect to my film that they talked to me after the showing.


いま、この時代に、わたしたちが問うものとは?
What is our question to pave the way for our future?




先日、同じくベルリン国際映画祭で世界初上映された、コンデット・ジャトゥランラスミー監督の『Tang Wong』(2013) という劇映画を観ました。家庭環境の異なる4人の男子の生活と精霊信仰を通して、タイ人とは何か、タイ人として、この世界の中で、この社会の中で、今を、明日をどう生きていくのだろうか、ということをテーマにした映画でした。タイ文化省のプロジェクトとして助成されていながら、赤シャツ派のデモへの2010年の軍事介入についても描かれていて、驚きました。

I watched a Thai feature film Tang Wong (Dir Kongdej Jaturanrasmee, 2013), which was also premiered at Berlin International Film Festival. Through the life and animism of four boys from different home environments, it shows us what is Thai nation, what is Thai culture and how Thais are going to be in this world today. I was surprised with the episode in the film concerning military crackdown against the Red Shirts in 2010, because the film was funded as a project under Ministry of Culture, Thailand.


ノンタワット監督:
今、転換期にあると思うんです。古い考え方から新しい考え方へ移って行くという。それがデモにも現れていると思います。例えば、今までのタイ的な考え方は、「穏やかに過ごしましょう」、「仏教を信仰しましょう」、「タイらしさを大事にしましょう」、というものでした。新しい考え方を受け入れない、そういった考え方そのものが、問題を起こす発起点になっているのではないか、と思います。愛国主義というのが問題を起こしているのではないか、と。『Tang Wong』でも、描かれているバンコクのデモの中にそういう傾向が見られます。

Dir Nontawat:
I think we are in a transition period from old mind-set to new ones. It seems to surface from the Red Shirts demonstration. For instance, until today the Thai way of thinking has been “live moderately”, “believe in Buddhism” and “respect being fit for Thai culture ”. Such mind-set itself seems to have resulted in conflicts without accepting those who think differently in our contemporary society. Wondering if the patriotism caused the conflict. We can see such tendency of relative critical attitude in how Tang Wong shows the Red Shirts protests and the military crackdown in Bangkok.

『空低く 大地高し』でもプレアビヒアを通して、同じような、タイ人の中にある問い、つまり国を愛する気持ちと、自分や家族、友人、大切な人の幸福を考えるとき、に直面する問いというのがあると思うのですが、監督も一人のタイ人として、そういった問いを行ったり来たりすることはありますか?

In Boundary, through the Preah Vihear issue, it seems that there is a similar question in the Thai nation, that is, it may happen to people when they need to make decision in between to love own nation and to think of well-being for individual, family, friends and those who they love.
As one of Thai, do you waver sometimes?


ノンタワット監督:
自分にふさわしいものを選択していかなければならないと思うんです。国家を大事にし過ぎていると、やり過ぎではものすごく遅れた国家になってしまうと思うんです。個人的にはそれほど国家第一主義ではないですね。

Dir Nontawat:
I think we need to choose right things for one’s own. If too much care of the nation, it delays our national development. Personally, I’m not nationalistic too much.

ニュー・ジェネレーションですね!
You are so new generation!


ノンタワット監督:
Yes! そう思います(笑)。

Dir Nontawat:
Yes! I think so (laugh).





手塚治虫作品から『MONSTER』、『20世紀少年』など、大の日本漫画ファン。
From Osamu Tezuka to MONSTER, 20th Century Boys, a big fan of Japanese manga comics.




『By the River』は、ミャンマーと国境を接するタイ西部カンチャナブリ県の鉱物処理場によって鉛に汚染された川と生きる、カレン族の村のドキュメンタリーですね。日本でも1950年代から続く熊本県、新潟県の水俣病の問題があり、この10月10日にその熊本市で世界規模で水銀の使用や輸出入を規制する「水俣条約」が採択されたばかりです。そして、今まさに福島の原発の放射能による海洋汚染、土壌汚染の問題もあり、大変興味深い作品です。

短く編集された形でテレビで放送されたということですが。今後も、上映するだけではなく、『空低く 大地高し』のように、国内でもディスカッションの場を多く持たれていかれますか?

By the River (2013) is a documentary on a Karen village living with a lead contaminated river by the emission from the mineral processing factory in Kanchanaburi Province, western Thailand, bordering Myanmar. It will be highly expected to show in Japan soon because we Japanese have been living with the issues in between our economic development and its negative inheritance to natural environment. Since 1950’s the residents of Minamata and Niigata have been suffering from Minamata Disease, mercury poisoning from industrial emissions in Japan. Named after the city, the Minamata Convention on Mercury, a global legal bind to regulate the use and trade of mercury has just been adopted in Kumamoto on October 10. And we have the radioactive contamination of nuclear power plants in Fukushima leaking into the earth and the Pacific, that is our urgent issue to be solved.

The short edited television version was already broadcasted in Thailand. Will you have any plan to have discussions with audiences in Thailand over By the River as Boundary?


ノンタワット監督:
『By the River』はより問題に深く迫り、そこに暮らす人々の気持ちを描きました。テレビで放映された約20分のバージョンはオーソドックスなドキュメンタリーで、ナレーションが多いものになっています。ロカルノ映画祭で上映された71分のバージョンは、ほぼナレーション、ダイアローグのないものです。タイ人は環境問題に興味がないので、どういう形で上映するか、環境問題に興味をもってもらえるようなキャンペーンを考えているところです。

Dir Nontawat:
In the By the River, I focused deeper in the issue and described the feeling of inhabitants there. The television version is 20 minutes orthodox documentary with narrations. Meanwhile, the 71 minutes version premiered at Locarno has almost neither narration nor dialogue. Since Thai people are not interested in environment issue, I am thinking of its screening and campaign to inspire people to be aware of our environment.





現在各国の映画祭で上映されている『By the River』は、国内初上映として、タイ・インディー映画をサポートするショーケースとして開催されてきた第11回バンコク世界映画祭のクロージングとして上映される。タイ社会を鋭く見つめ、問題提起をするドキュメンタリー映画がこの映画祭のクロージングとして上映されることに、ドキュメンタリー映像作家としてノンタワット監督の果たしている功績とそれを後押しするタイ映画界に敬意を評する。

Having screenings around the international film festivals, By the River will be highlighted as its national premier at the closing of 11th World Film Festival of Bangkok, the platform showcase for the independent Thai filmmakers. I would like to pay huge respect to filmmaker Nontawat Numbenchapol for the remarkable achievements that has been bringing up emerging social issues in Thailand today and also to the Thai film society for support it.




2002年から2003年にかけて、筆者は留学中のプノンペンにいた。ホームステイ先の家はタイ大使館と目と鼻の先にあった。2003年1月、アンコール・ワット遺跡に関するタイ人女優の発言の噂からタイとカンボジアの関係が悪化する。カンボジアではそれに抗議する暴動に発展、タイ大使館、タイ資本の携帯電話通信会社、ホテル等が焼き討ちや破壊行為に遭うなど事態は瞬く間に激化した。暴動を鎮静化させるための威嚇砲が頭上を飛んでいた。タイ人は一斉に緊急帰国の途についた。
数年後、タイで働くようになり、一緒に働くタイ人でクメール語を母語とする先輩の実家がシーサケート県のプレアビヒアのタイ側の麓にあった。2005年末、タイ側からプレアビヒア遺跡に連れて行ってもらった。頂上の空気は澄み渡り、遠くカンボジア、ラオスが連なって見えた。
その後、2008年のカンボジアの世界遺産登録を境に、国境紛争は避難者や死傷者の出る武力衝突に発展。
昨年、タイ人であるノンタワット監督がタイ・カンボジア国境の紛争についてのドキュメンタリーを製作中であることを『DAZED DIGITAL』で知る。どのような思いで製作をしているのか、会ってみたいと思った。

今月11日、国際司法裁判所より遺跡に接する地域について一部を除き,カンボジア領であるという判決が下され、両国政府から国境の平和の維持に努めることが約束された。

From 2002 to 2003, I was an exchange student in Phnom Penh. My boarding house was very close to Royal Thai Embassy. In January 2003, Thai-Cambodia relationship suddenly became serious from alleged Thai actress’s comment on Angkor Wat. Demonstrators drastically turned out to be riots, the Royal Thai Embassy and Thai-owned business including telecom company and hotels in Phnom Penh were set fires and destroyed violently. Cambodian police fired in the air for warning. Thai citizen urgently left for Thailand.
A couple of years later, I worked in Thailand and senior colleague speaks Khmer as her hometown at the foot of Preah Vihear, Sri Sakaet Province. In the end of year of 2005, her family took me to Preah Vihear temple. The sky of the mountain was so pure and could see the territories not only Cambodia but also Laos in the distance.
Since the registration to the World Heritage List of Preah Vihear, the border conflict became serious military crash and it got evacuees and casualties from both countries.
Last year, I came across to an article on DAZED DIGITAL that Nontawat Numbenchapol, a Thai filmmaker had been working on his new documentary about the disputed Thai-Cambodia border. I wanted to meet this filmmaker to know what made him to film it.

On Nov 11th, the International Court of Justice has ruled the disputed area around Preah Vihear belongs to Cambodia, though it was excluded some land. Respecting the judgement, both Premiers have promised to keep the border peacefully.




『空低く 大地高し Boundary』
タイ、カンボジア、フランス/2013/タイ語、クメール語/96分
Thailand/Cambodia/France/2010/Thai, Khmer/96min


ノンタワット・ナムベンジャポン

1983年、タイ、バンコク生まれ
ランシット大学芸術学部ビジュアル・コミュニケーション・デザイン学科卒
「空間」について活動している。
タイ最大の映画スタジオGTHのサポートを受け、『Weirdrosopher World』 (2005)で映像作家としてデビュー。2作目の『Empire of mind』 (2009)は自分自身の生まれ育った空間、育ててくれた祖母との関係について描いた。
短編『Bangkok Noise』(2007)は2009年に「アジアの実験映画」として東京で上映されている。『Aurora Primary 』(2012)はタイ、ヤオノイ島で開催されたFilm on the Rocks Festivalでアピチャートポン・ウィーラセタクン監督に選ばれた7名の若手映像作家の企画の中から勝ち残ったビデオインスタレーション作品。サイトに由来する企画として、地元の漁師が使う漁網を用いること、「原初的」なものをテーマとすることが決められた課題であった。祖母だけではなく、すべての死者のために、正義のために亡くなった人、特に赤シャツ派デモへの治安部隊による介入で亡くなった人へ捧げられた。
『空低く 大地高し』(2013)はベルリン国際映画祭を皮切りに、またロカルノ国際映画祭で特別表彰された『By the River』(2013)とともに各国映画祭を巡回している。

Nontawat Numbenchapol

Born in 1983, Bangkok Thailand.
He graduated from Visual Communication Design Department, Faculty of Fine Arts, Rungsit University.
His work is about ‘space’.
His debut documentary directed with Rthit Pannikul and Preduce skateboard Weirdrosopher World (2005) was supported by GTH, one of the biggest film studio in Thailand.
The second documentary is Empire of Mind(2009) tells the story of his own space where he grew up, and relationship with his grandmother who raise him.
Short film Bangkok Noise (2007) was showed at Asian Experimental Cinema in Tokyo in 2009.
Aurora Primary (2012) is a video installation premiered at Film on the Rocks Yao Noi Festival, which won the site-specific proposals among seven young filmmakers those who were selected by Aprichatpong Weerasethakul. Under the theme of ‘primordial’ and using the fish cages used by the local fishermen, it was dedicated to all those who passed away not only his grand mother but also those who died for justice, in memory of the victims of Red Shirts crackdown in 2010.
Boundary (2013) made a world premier at Berlin International Film Festival. By the River (2013) was awarded a Special Mention prize at its world premier at Locarno International Film Festival. Both films has been traveling around the international film festivals.

http://www.mobilelabproject.com

POSTED BY
Mitsutomo KAWAMURA
Mitsutomo KAWAMURA
1977年生まれ。洋服だけでなく、あらゆるジャンルの"表現者"と共にシーンを創る、
そして紡ぐということをコンセプトに2006年にエージェント4Kを設立。