CP -ONLINE REPORT MEDIA from TOKYO・CREATORS PARK- 東京・クリエイターズパーク

  • YouTube
  • facebook
  • twitter
  • RSS
TOP | NEWS

theatre tokyo / creator’s park スペシャルインタビュー

2014.04.09 up
theatre tokyo スペシャルインタビュー
       

Vol. 15 映画が物語る物語を紡ぐ
ドキュメンタリー映画『他人の手紙』編集 ラファウ・リストパトさん

Dedication to A Story the Film Tells Us
Violated Letter’s Editor Mr. Rafał Listopad



interviewer/text(JP):Yuko Kumakura
edit/photo/text (EN):Junko Homma
special thanks :Dr. Koichi Kuyama


東欧民主化から25年になる今年。5日より岩波ホールにて公開中のポーランド映画の巨匠アンジェイ・ワイダ監督の『ワレサ 連帯の男』。ソ連を中心とした社会主義政権下のポーランドで、レフ・ワレサを中心とした労働者の運動を軸に、祖国を自由へと導くために、希望を喪わずに闘った歴史を描く。この公開を記念してドキュメンタリー映画『他人の手紙』(マチェイ・ドルィガス監督)も19日より特別上映される。1945年から89年までの40年以上の期間、公安当局によって非合法に検閲されていた年間数千万通にものぼる手紙の存在を通して、思想統制下の社会での人々の日々の生活や雑感を生々しく浮かび上がらせた作品だ。

今回インタビューさせていただいたのは、『カティンの森』(2007年、アンジェイ・ワイダ監督)、『他人の手紙』で編集を担当しているラファウ・リストパトさん。ポーランドのウッチ映画大学でドキュメンタリー映画製作を指導しているドルィガス監督とミロスワフ・デンビンスキ監督による国際映画教育プロジェクト「世界の夜明けから夕暮れまで」 で、2011年には日本映画学校、日本映画大学、日大芸術学部の学生たちと東京編ワークショップを行い、完成した作品はペキン、モスクワ、ミンスク、キエフ編とともに、2012年3月に岩波ホールで特別上映されている。
大学でポーランド語を専攻し、ポーランドへ一年間留学、現在、図書館で働く傍ら、映画館に足繁く通う日々を送る熊倉優子とともに、『他人の手紙』公開を記念して今回再び来日された編集のラファウ・リストパトさんに、「人間として生きる自由」を勝ち取るまでに人々が直面してきた歴史にいま向かい合い、映画を編集するということについて伺った。

It’s been 25 years since the democracy came to power in Eastern Europe. Polish great master, Andrzej Wajda’s latest film, Wałęsa. Man of Hope, a biopic of the Novel peace prize-winning politician, who led the Solidarity movement towards the freedom of their own country under the communistic regime of the Soviet Union without loosing their hope, has been now on showing at Iwanami Hall, a cinematheque pioneer in Tokyo, from early this April. To commemorate of this release, Dir. Maciej J. Drygas’s documentary film, Violated Letters also starts special screenings from 19th April. Over the 40 years from 1945 to 1989, the Polish secret police illegally censored citizens’ tens of millions of letters a year. Through the violated letters, this film draws the plain insight into people’s life and their daily impressions in Poland under the socialism regime control.

In this time we had an interview with Mr. Rafał Listopad from Poland, who are an editor for Dir. Andrzej Wajda’s Katyn (2007) and this Violated Letters. In 2011, one of the tutor, Mr. Listopad facilitated a workshop in Tokyo with Japanese students from Japan Institute of the Moving Image and Nihon University College of Art, in the leg of “The World from Dawn till Dusk”, an international educational project on film making, started by Dir. Mirosław Dembiński and Dir. Maciej Drygas, who have been teaching documentary filmmaking at Polish National Film School in Lodz. In 2012, the outcome film of the workshop had special screenings altogether with outcomes from other cities Minsk, Kiev, Moscow and Beijing at Iwanami Hall, too.
Commemorating the release of Violated Letters, the editor Mr. Rafał Listopad was visiting Japan again and we could have an opportunity to have a talk on editing of films and facing the histories the people have been struggled for their own freedom. The interviewer was Ms. Yuko Kumakura, who pays frequent visits to cinemas while works for a library after majored in Polish Studies and studied in Poland for a year.


われわれの感情を突き動かす手紙を選ぶ
Selecting letters which drive our emotions



『他人の手紙』を拝見して、本当に複数の人がばらばらに撮影した映像なのかと思うほど作品に一貫性を感じました。映画製作に編集として関わるとき、どのような映像を、どのような長さで、どういうテンポでつなげていくのかということは、どの程度監督から指示があるのでしょうか? 編集担当として、自らのアイデアを提案していく形なのでしょうか?

After watched Violated Letters, I felt much coherence as if I would doubt the fact that the images were shot by many peoples at different times. How do you communicate with director during editing? How would you edit the length and tempo of the images with your ideas?


リストパトさん:
難しい質問ですね。(一同笑)
『他人の手紙』に限ってお話しましょう。編集は監督と一緒に行いました。編集の作業のほとんどの間、監督は編集室にいました。編集と監督の仕事の仕方はいろいろなタイプがありますから、いつも監督が編集室にいるというのは、決して通常のことではありません。素材はいろいろな要素から成り立っていますから、編集は困難でした。

この映画をご覧になった方の感想は大きく二つのグループに分かれます。一つはこの映画の音声を聴く人。もう一つは映像を観る人ですね。普通は、映像と音がそれぞれ補い合って映画は成り立つのですが、この映画では多くの場面で2つのレベルで別の物語が語られていますよね。映像と音がそれぞれ大変多くの情報量を伝えているものですから、聴きながら観るということが難しいわけですね。あるいは観ながら聴くということが。そのために、あの声が素晴らしかった、あの場面で語られていた物語が素晴らしかったと言うグループと、あの映像がよかった、あの労働者の手がよかった、というように映像に反応する人たちとに分かれました。

まず映像ですが、どこにこんな映像があったんだ、とこの映画を観た人たち、特にアーカイブスで働いている人たちは驚きました。ドルィガス監督はよく「わたしは映画監督である以前に、考古学者だ」と言いますが、この映画は、ちょうど考古学者が地下から化石を探り出すように、5〜6年かけて彼が発掘した隠された映像、そういうコレクションから成り立っています。そのほとんどがこれまで一度も上映されたことのない素材です。ポーランド中から集めた映像で、非常に多くの場合はアマチュアの映画制作グループから集めた映像なんです。個人で撮影した映像もあります。ニュース映画や一般の映画館で上映されたような、一般の人が知っている映像はありませんでした。

Mr. Listopad:
It’s a difficult question. (All:laugh)
Let me talk about this particular Violated Letters. I edited with Dir. Drygas. Dir. Drygas worked with us at our editing room throughout almost all the process of the editing. The way working in between editor and director differs from one to another, and it is not usual that director worked all the time with us at our editing room. Since the materials were consists of several elements, the editing process was tough.

The impressions of the film audience were generally divided into two groups. The first group was the audience who listened to the sound and voices of read out the letters in the film. The other was the audience who watched the archival footages of the film. Usually, images and sounds make a film supplement each other, while different stories are told both by footages and sounds alongside in this Violated Letters. Since those footages and sounds tell lots of information each, it is hard for the audiences to watch the images while they are listening to the read out, and vice versa. Because of this, the audiences were divided into two groups; one was those who praised the voices of read out letters and the stories told in the scenes, or another was those who responded to the images that they praised hands of workers, for instance.

To begin with archival footages, it surprised audiences especially those who work for archives: they wondered where those footages came from. As Dir. Drygas often says “I am more of an archaeologist than a filmmaker”, this film was made from the collections which he spent five to six years to excavate hidden footages as if the archaeologist digs fossils out from underground. Almost all those archival footages had never been screened in public before. They were gathered from throughout Poland and mostly collected from amateur groups of filmmaking and some were from private shot films. There were no films had been ever seen as news films or else shown at general movie theatres.


『他人の手紙』(原題:Violated Letters)Ⓒ2011 Drygas Production All Rights Reserved


リストパトさん:
もう一つの記録は、国民記憶院[「国民記憶院―ポーランド国民に対する犯罪追及委員会」]という、かつて公安が集めていた資料を管理している機関でドルィガス監督が見つけてきた手紙です。非常にたくさんの、おそらく数百通の手紙でした。その手紙の検閲をやっていたところは、内務省の中にあるW局(秘密警察局)という部署ですが、W局にも地方の支部がいろいろあって、その間のやり取りだとか、内務省とW局とのやり取りといった、公的な文書も含まれていました。それを彼は持ってきて、こういう素材があるんだけど、ここから映画をつくりたいんだ、とわたしに言ったわけです。手紙を何通かもらい、夏休みの間に手紙を読んで、どの手紙が感動的か、われわれの感情を突き動かすかという観点から、これは使えそうだという手紙をそれぞれ選ぶことになりました。二人がそれぞれ選んだ手紙はかなりダブっていました。それをどういう風に並べて、選んだ手紙がある物語をつくっていくように整理するか。それが次なる課題でした。手紙の検閲があった期間の全ての時期にわたって、物語るべきだというのが私たちの最初の考えでした。つまり第2次世界大戦が終わる直前の45年に始まって、89年で終わる。物語の経糸ということで言えば、数通の手紙によって10年間を象徴させるようにしたかったのです。

次の課題はそれにどうやって映像をつけるか、ということでした。映像を与えると同時に、手紙の朗読がかぶさってくるわけですね。その2つをいかにミックスさせるか。TV局との契約でこれは60分の映画だということは決まっていました。まず手紙はゆっくりと聞いて理解できるように読まなくてはなりません。また手紙と手紙の間には適切な間が必要です。それで一本の映画の中で読める手紙が大体15通くらいだということがわかりました。

Mr. Listopad:
Another documents were the letters Dir. Drygas discovered at the Institute of National Remembrance-Commission for the Prosecution of Crimes against the Polish Nation (IPN), where preserves documents gathered by the Communist political police of Secret Service in the past. That was probably hundreds letters. Those letters were censored by “W” Bureau (Secret Service) under Ministry of Interior and it also included official documents such as domestic communications in between the Ministry and “W” Bureau, or in between local branches of “W” Bureau. Dir. Drygas brought those letters and told me that he had such materials and wanted to make a film from them. Dir. Drygas and I red those letters during summer holidays to choose impressive letters which drive our emotion.

The letters Dir. Drygas chose mostly overlapped with mine. The next step was how to organize the selected letters to be a sequence of a story. Our concept at the beginning was this film was to have storytelling on whole the period the letters were censored. That is, the story starts from 1945 right before the end of WWII and ends in 1989. Talking about thread of the story, we tried several letters to represent a decade.

Next agenda was how we could mix the footages and the sounds. How the archival footages to combine with the sound of read out the letters alongside. In the contract with a TV broad casting station, the length of film fixed 60 minutes. First of all, the letter had to be red slowly so that the audiences could listen and understand it. Appropriate punctuate in between a letter to a letter was also necessary. We found we could have about fifteen letters to be heard in a film.



リストパトさん:
ドルィガス監督はまた、音声というか録音マニアなんですね。ラジオの番組をいくつか録っている方なんですけれど、音声機器を持って、ポーランド中を旅行しました。その手紙を朗読する声を探す旅です。監督とわたしで朗読の録音実験をまずしてみました。お互いの録音された音声を聞いてみると、手紙に書かれている情報とは異なる情報が伝わってしまうことがわかりました。手紙の中には多くの場合、書き手の年齢等は書かれていません。まず行間からそれを感じ取る必要があります。女性なのか、男性なのか、年齢はどうか、どういう地方の人なのか。手紙の中にはシロンスクという地方出身の方の書いた手紙もあります。それはやはりその方言を話す人に読んでもらいたいわけですね。その地方独特のイントネーションや読み方のリズムがありますから。監督は自分で行くか、映画学校の学生を派遣して朗読を録音していきました。監督が声を探している間に私の方では映像資料、素材の分類を行いました。そんな風にして仕事をしていたわけです。最終段階では音声と映像を組み合わせる実験を行いました。そのとき驚いたことは、中には映像と音声がうまく合わさらないものもあったし、それぞれが対立してしまって、何か新しい意味ができてしまうということがありました。

Mr. Listopad:
Dir. Drygas is sound and recording maniac. He’s directed several radio programs, too. He traveled through out Poland with sound recorder to discover right voices for read out the letters. Dir. Drygas and I had recording test on reading before the trip. We found the each other’s recorded voices told us information different from the message originally written in the letter. Those letters in many cases didn’t mentioned sender’s age. We needed to feel those information in between lines. Whether the sender was female or male, how about the age, where they came from. There were a letter written by someone from Silesia and we wanted a person who spoke the dialect to read it. Because they have unique intonation and reading rhythm originated in the area. Dir. Dygas traveled by himself or sent his students of film school to record voices of read out the letters. While director was looking for voices, I organized image data. At the final stage, we tried to combine the voices and footages. To our surprise, some of them couldn’t harmonize well or some were conflicting each other and happened to create new meanings.


皆さんはご存知だろうか。戦時中のみならず、戦後1949年までGHQの秘密機関によって日本でも国民の手紙が検閲されていたことを。検閲官はGHQの秘密機関に雇われた日本人だった。日本人が自国民の通信を諜報活動するという負の歴史を検閲官であった当事者が証言するまでに、70年近くの時間を要し、ようやく明らかとなったのは昨年のこと。

Have you ever heard that we also have our own Violated Letters history in Japan, not only during WWII but also from the end of the WWII until 1949, censorship was illegally carried out by Japanese officers under a secret authority under the US occupation. It has taken almost seventy years until last year those who were the censors could reveal the hidden history that Japanese officers examined over the citizen’s communications.




© 2013 AKSON STUDIO SP. Z O.O., CANAL+CYFROWY SP. Z O.O., NARODOWE CENTRUMKULTURY, TELEKOMUNIKACJA POLSKA S.A., TELEWIZJA POLSKA S.A. ALL RIGHTS RESERVED

『ワレサ 連帯の男』(原題:Wałęsa. Człowiek z nadziei)
4月5日(土)より岩波ホールほか、全国順次ロードショー

2013年/ポーランド映画/ポーランド語・イタリア語/シネマスコープ/デジタル5.1ch/127分/字幕翻訳:久山宏一、吉川美奈子
監督:アンジェイ・ワイダ
脚本:ヤヌシュ・グウォヴァツキ
キャスト:ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ、アグニェシュカ・グロホフスカ ほか
提供:ニューセレクト/NHKエンタープライズ
配給:アルバトロス・フィルム

ポーランドの民主化が1989年で、もう25年も前のことになりますね。ということは、その年に生まれた人は今や25歳になっていて、共産主義の時代はすでに教科書の中の出来事として捉えられているといっても過言ではないと思います。こういった時代の映画を製作することの意義について、どのように考えてらっしゃいますか。

It’s been 25 years since the democracy came to power in 1989 in Poland. The babies born at that time now became 25 yeas old and the communistic era might have become a history in the text book. How do you think of the meaning on filmmaking featuring those periods?


リストパトさん:
わたしは78年生まれです。わたし自身、あの時代を覚えていますが、無意識的に覚えているという感じです。わたしにとってこの映画づくりは生きた学びの場でした。こうした映画がわたしの世代のひとにとっても歴史を学ぶ機会を提供するものであったらよいなと思います。第二次世界大戦中のソ連によるポーランド人捕虜の虐殺を描いた『カティンの森』、ポーランドの民主化運動、独立自主管理労働組合「連帯」、そしてその議長を務めたレフ・ワレサついて語る『ワレサ 連帯の男』、戦後から共産主義時代のポーランドにおける手紙の検閲を扱う『他人の手紙』の3本は、ポーランドの大変辛く苦しい時代の歴史のレッスンです。辛い時代の歴史なので、もちろんわれわれにとっては、ナイーブでデリケートな問題ですが、最近ようやく、こういう難しい時代について映画で語ることができるようになりました。これらはそれぞれ初めてそのテーマを取り上げた作品ですね。『他人の手紙』の検閲はわたしの同世代の人間、わたしの家族、年長の家族にとっても、こんなことがまさか行われていたとは知らなかったことなのです。検閲が一番盛んだった頃には検閲官は年間に数百万、一千何百万通もの手紙に目を通していたと言われています。ちょうど現在で言えば、どこかの機関がわれわれのメールを読んで、この人はまともな人なのか、政権にとって適切なのか、不適切な人物なのかという判断が行われているようなものですね。現代の社会においても、このような個人の情報を管理する、個人を調査するというのはいたるところで行われていることで、この映画はそういう意味で大変普遍的な、なおかつ現代的な映画だと思います。


Mr. Listopad:
I was born in 1978. I remember those days of the communist regime unconsciously. The film making of Violated Letters was a living lesson for me. I hope these kind of films can offer the opportunity to learn our history for my generation. Katyn on the Soviet massacre of Polish POW officers in the Katyn forest in 1940 during WWII, Wałęsa. Man of Hope on Poland’s democratisation and Solidarity movement through biopic of its chairperson, Lech Walesa, and Violated Letters on civilian surveillance of correspondence from the end of WWII through out its communist regime, those three films are the lessons of our adversity periods in Poland. The histories of hardships are naive and delicate issues for us, however eventually we can talk about those difficult period through films these days. Each film is the first film featuring each theme. The citizen surveillance in Violated Letters was unknown for our generation, my family, even my older family members. We never expected such things took place in our country. It is said that censor opened several millions or more than 10 millions letters a year when the censorship was the most tightened up. Just as today, some of authorities read our e-mail to screen the sender and receivers whether appropriate for their government or not. In our society today, such activities to control personal data and to investigate individuals happen everywhere. I think this film is quite universal and also contemporary one in this respect.


映画が物語る物語に編集が奉仕する
An editor dedicate to the story a film tells us




現在は映像や写真が氾濫している時代です。例えばYouTubeにアクセスすれば、様々な映像を入手し、簡単に編集できます。今回たくさんの記録映像を編集するときに、ナレーションやつなぎ方でいくらでも意味付けが変更されることが可能になってしまうと思います。映像を編集するときに心がけていることはありますか?

The images and photographs have been flooded these days. Once we go to YouTube, for example, we can get many of them and even can edit easily. Through editing lots of footages from documentary films, I think it might be possible to change meanings from original ones by narration and series of sequence. What would you keep in your mind when you work on editing?


リストパトさん:
『他人の手紙』に限って言いますと、「あらゆる方法は許されている」ということだったんです。数十時間の映像があって、そこから編集して何でもつくれる。そのときに方向性を決めることが重要なのだと思います。わたしにとって重要なことは、ある一貫性を持った、感情を刺激する物語をつくることです。わたしが映画学校で学んだことは、効果受けとでも言いますか、花火を打ち上げるような、そういう編集であってはいけないということです。編集の存在が見えないような編集が一番よいと思っています。映画が物語る物語に編集が奉仕する、従うべきだと思っています。何が物語れるのかというのが重要であって、そのための手法が前面に出て、物語を殺してはいけない、と思うのです。

Mr. Listopad:
Talking about Violated Letters, that was “all approaches are allowed”. Among several tens hours film data, I could edit them and could make anything. It is important to make decision of the direction before editing. My essential is to create a consistent story to stimulate our emotions. What I learnt at my film school was editing must not try to appeal to the audience by the effects, as if displaying fireworks. I think the best editing is the act of editing is invisible for everyone. The editing must follow and dedicate to the story a film tells us, I think. What we can tell is important and we must not kill the story by showing the approaches to the front.


               
『カティンの森』(原題:Katyn)発売/販売:アルバトロス
Ⓒ 2007 Telewizja Polska S.A. All Rights Reserved



流星がわたしの上に落ちてきたような
As if a shooting star came crashing down on me



ワイダ監督の『ワレサ 連帯の男』では、『他人の手紙』のために発見されたアーカイブ映像が再引用されています。ワイダ監督とは『カティンの森』でご一緒に仕事をされていますが、ワイダ監督とのお仕事についてどう思い出されますか。

The document film archives which was discovered for Violated Letters was also recited in Walesa, Man of Hope, too. You have worked with Dir. Wajda for” Katyn” before. How do you recall the work with Dir. Wajda?


リストパトさん:
本当にわたしにとって大冒険でしたよ。映画学校を卒業して数年のときに突然、仕事をしないかと言われたのですから。流星がわたしの上に落ちてきたようでした。映画学校の学生としてワイダ監督の講義を受けるということと、ワイダ監督と一緒に仕事をするというのは全く別の経験ですから。そうした機会を頂いたことに関してワイダ監督、そしてわたしと一緒に編集をしたミレニャ・フィドレルさん(『ワレサ 連帯の男』編集)に御礼を申し上げたいと思います。この映画においてワイダ監督の仕事ぶりをすぐ近くから拝見することができてそのことに対しても御礼を申し上げます。ワイダ監督の映画づくりの現場を観る絶好の機会でした。彼が何を考えているのか、どうやって完成形にもっていくのか、ということです。特に感動的だったのはワイダ監督が全能の人間ではないということですね。ワイダ監督は常に疑問を、疑いを持っているということです。

Mr. Listopad:
It was a really big adventure for me at that time. Several years after graduated from film school, I was offered the opportunity. It was as if shooting star fallen on me. It is absolutely different experience that attending his lecture as a film school student or working together with him. I wold like to express my gratitude to Dir. Wajda and Ms. Milenia Fiedler (also editing Walesa, Man of Hope) who edited together for the great opportunity. In this film, I also would like to say my appreciation that I could see closely Dir. Wayda’s work. It was the perfect opportunity to observe Dir. Wayda’s filmmaking. I could see what he was thinking and how he was completing his work. Especially, I was so moved that Dir. Wajda is not the Almighty man. He always questions things.






監督になるには世界に向けて自分が物語りたいこと、そのことについての確信を持っている必要がある。
To be a director, it is essential to have stories to tell the world, to convince myself of it.



今後の抱負についてお聞かせください。
May we ask about your future project?


リストパトさん:
わたしは編集という仕事に満足をしております。やはり監督になるには世界に向けて自分が物語りたいこと、そのことについての自信というか、確信を持っている必要があります。いま、まさにわたしは勉強中です。ひょっとするとこれから世界に向けて物語りたいことが出てくるかもしれませんから。いまのところは、監督のお手伝いをする編集の仕事で満足しております。今回、日本に3週間滞在しましたけれど、いろいろなテーマを見つけましたので、ドキュメンタリー映画を撮るのにこんなに面白いテーマがあるよ、と推薦したいと思っております。

わたしの同期で編集を勉強したひとはそれぞれ方向性が一つに決められているひとが多いですね。ドキュメンタリーとかフィクションとか、あるいはテレビドラマだとか。わたしは大変幸運なことに、ドキュメンタリーもフィクションも両方編集しており、あるときはこちら、またあるときはこちらと両方同時に仕事をすることができました。ドキュメンタリーの編集とフィクションの編集は方法論が全く違います。これは説明すると1時間くらいかかりますから今回はやめておきますが(笑)違いがある中で、わたしはフィクションのときにドキュメンタリーの手法を使ってみよう、あるいは逆をやってみようと試みました。ドキュメンタリーのときに劇映画の方法論を導入するということですね。そうした試みが成功し、大変興味深い形式を持った映画が出来ました。ですからどちらかに制限せず、両方やりたいと思っています。フィクションの映画を撮るときは自分が人文学的な教養と言いますか、文学とか歴史とかについて、自分が十分な知識を持っていないので、勉強しなければいけないと、そういう仕事をしながら思います。逆にドキュメンタリーをやっているときには歴史の勉強をしているような気持ちになります。

いま世界の国境は消えつつあるわけですから、ノルウェーでもスウェーデンでもロシアでもポーランド国外の映画人のために仕事をするということは、全く問題ありません。例えばドルィガス監督の映画[最新作『Abu Haraz』は台詞がすべてアラビア語[スーダン方言アラビア語]という作品でも編集しましたし、日本で「世界の夜明けから夕暮れまで」というワークショップをやったときには、日本語を話しているひとたちの映画を編集したわけです。日本という国の観光客として出会う、知り合うわけではなくて、いきなり実際に仕事をするという形で日本と出会えたことはわたしにとって本当に幸せな経験だったと思います。

Mr. Listopad:
I am satisfied with the work of editing films that support directors. To be a director, it is essential to have stories to tell the world, and to convince myself of it. That is the very thing I am learning now. Possibly something might come up with me the stories I want to tell the world in the future. During this trip, I stayed for three weeks in Japan and discovered several themes interesting for documentary film, which I want to share with other filmmakers in Poland.

My classmates studied editing are mostly working in clear direction either documentary or fiction or drama for TV. Fortunately, I’ve been working for editing films both documentary and fiction time to time. The methodology of editing has a clear distinction between documentary and fiction. I won’t explain the difference today since it takes an hour (laugh). In the difference, I once tried to apply documentary method into fiction film editing or vice-versa. Such trials worked successfully and became films with greatly interesting format. So, I will continue to work for both. When I work for fiction, I feel I need to study more for cultural enrichment such as literature and history. On the other hand, when I work for documentary, I feel like learning history.

Today, the world borders are disappearing and it is no problem for me to work together with filmmakers outside of Poland, wherever in Norway, Sweden or Russia. For instance, when I edited Dir. Drygas’s latest film [Abu Haraz] , the language was all in Arabic [Sudanese Arabic], and also edited the film spoken in Japanese when we organized the workshop of “The World from Dawn till Dusk”. It was really happy experience for me to meet Japan not as a tourist but work directly and practically.

いつかラファウさんの監督作品を観たいです。
We hope to see your film in the future.


リストパトさん:
それではロードショーのときにまたお目にかかりましょう!(笑)

Mr. Listopad:
See you again when the film will be released!(laugh)

ぜひ、またインタビューさせてください!(笑)
Hopefully, we will have another chance to have an interview with you again!(laugh)




【1989年の民主化とポーランド映画の現在
 Democratization in 1989 and Polish Cinema Today】


イェジー・カヴァレロヴィチ、クシシュトフ・キェシロフスキ、クシシュトフ・ザヌシ、イエジー・スコリモフスキ、ロマン・ポランスキー、アグニェシュカ・ホランド、アンジェイ・ムンク、そしてアンジェイ・ワイダ ― ポーランドはこれまで多くの優れた映画作家を輩出してきた。ここで1989年のポーランドの民主化後の映画製作をめぐる状況について簡単に振り返ってみたい。

1989年の民主化後、90年代初頭、ポーランド映画界は非常に難しい転換期に直面した。アメリカ映画の影響を受けたアクション映画も作られるようになり、芸術性よりも興業的な成功を重視する映画作家も出てくるようになった。その一方、90年代末には、ポーランドの国民的詩人アダム・ミツキェヴィッチの傑作『パン・タデウシュ』をアンジェイ・ワイダ監督が映画化した『パン・タデウシュ物語』(99)をはじめとしたポーランド国民文学に基づく作品群により再び映画館は活気づいた。

体制転換から現在までの25年間のポーランド映画史は、2005年以前・以後に大分されるといっても過言ではない。2005年の「映画芸術に関する法律」制定に伴い、映画のための国家機関ポーランド映画芸術院(Polski Instytut Sztuki Filmowej:PISF)が設立された。これにより、ポーランド映画は、国家の支援を受けて作られる映画と個人・企業の資金のみによって作られる映画に二分された。なお、近年、日本で紹介されているポーランド映画は、ほぼすべて前者に属している。
PISFの取組として、教育に関しては、新設の映画学校(例えばアンジェイ・ワイダ・マイスター・スクールワルシャワ映画大学グディニャ映画大学など)を支援し、国内外のポーランド映画の普及にも努めている。昨年、東京・渋谷のイメージ・フォーラム等で開催されたポーランド映画祭2013もPISFによる共催だ。「世界の夜明けから夕暮れまで」プロジェクトも外国におけるポーランド映画振興ならびに「映画製作」に関する優先プログラムとして、資金提供を受けている。また、PISFは古典映画のデジタル化など映画の保存にも力を入れている。

映画製作の半国営化により、これまで取り上げられにくかった社会的テーマを扱った作品が増え、ポーランド映画の製作本数、海外での授賞なども増えている。他方、過度に前衛的な映画、成人向け映画、例えば、2010年に起きたロシア西部スモレンスクでの大統領機墜落事故といった評価が定まっていない歴史的事件を扱った映画など、PISFの財政支援を受けにくい企画は製作が難しい現実もある。

PISFは2012年以来、1970年代生まれの若手の芸術映画・ドキュメンタリー映画の映画人を主力に、専門家委員会が事業評価にあたっている。その中で、今回、インタビューを行ったリストパトさんもドキュメンタリー映画に関する委員会に所属されている。この仕組みが十分に機能する限り、PISFが全体主義国家における政府追従機関に戻ることはないだろうと考えられている。

Jerzy Kawalerowicz, Krzysztof Kieślowski, Krzysztof Zanussi, Jerzy Skolimowski, Roman Polanski, Agnieszka Holland, Andrzej Munk and Andrzej Wajda ― Poland has produced a large number of outstanding filmmakers. Let’s review briefly on Polish Cinema after the democracy in Poland came to power in 1989.

In the early 90’s after the democratization in 1989, though the film industry in Poland faced a critical transition period, movie theatres revived with series of films based on Polish national literatures such as Polish national poet, Adam Mickiewicz’s master piece Pan Tadeusz published in 1834(Dir. Andrzej Wajda, 1999), with huge domestic success in the end of 90’s. Meanwhile, action films influenced by American films also were begun to produce and filmmakers those who took seriously on box office hit rather than artistic appeared.

In the last twenty five years history of the Polish cinema from the democratic transition of the regime until today, the turning point came in 2005. Following the enactment of the Act on Cinematography in 2005, the Polish Film Institute(Polski Instytut Sztuki Filmowej:PISF), a government organization for the film was established. Since then, Polish films have been divided into two groups; the films which get support from the government, mostly those films have been introduced in Japan recently, and the other is the films which is produced by the funds from individuals and business sectors only. Concerning film education, PISF has been supporting newly opened film schools including Wajda School, Warsaw Film School, and also promoting Polish films both internationally and domestically. PISF co-organized the Poland Film Festival 2013 organized at Image Forum, Shibuya, Tokyo last year. “The World from Dawn till Dusk” project was also funded by PISF priority program on the international promotion of Polish films and filmmaking . PISF also endeavors to preserve and digitize classic films.

After the “semi-nationalization” of filmmaking, the total number of film production has been increasing, remarkably, the number of social theme films which was hard to feature in the past have been tangible, and also the number of awarded films at international film festivals has been increasing. On the other hand, those film projects which is hard to get financial support from PISF are still difficult to develop when it is too much avant-garde, adult movie and also films on indefinite historical cases such as Polish Air Force crash in Smolensk, West Russia in 2010.

Since 2012, PISF has been evaluating own projects by expert committee consists of mainly young filmmakers of art and documentary film born in 1970’s and Mr. Rafał Listopad, our guest in this interview, is also a member of committee on documentary film. As far as the evaluation scheme works well, people believe that PISF won’t be back to a pro government agency under totalitarianism state in the past.




素晴らしい通訳、貴重な情報をご提供、ご教示くださった久山宏一先生に深く感謝申し上げます。
We would like to express our deep appreciation to Dr. Kuyama not only for wonderful interpreting but also for sharing with us the valuable information.




『他人の手紙』 Ⓒ2011 Drygas Production All Rights Reserved


『他人の手紙』(原題:Cudze listy)

監督:マチェイ・ドルィガス
編集:ラファウ・リストパト/音楽:パヴェウ・シマンスキ
2011年ポーランド映画/56分/白黒/ドキュメンタリー/ポーランド語/日本語字幕:久山宏一/協力:ポーランド広報文化センター
Director: Maciej J. Drygas
Editing:Rafał Listopad/Music:Pawel Szymanski
Poland, 2011/black and white/56 min/Polish/Japanese Subtitle:Dr. Koichi Kuyama/Supported by Polish Cultural Institute


岩波ホールにて4月19日(土)〜5月30日(金)まで特別上映

マチェイ・ドルィガス監督  

1956年ポーランドのウッチ市生まれ。モスクワ映画大学演出専攻科卒業後、ポーランドに戻り、クシシュトフ・キェシロフスキ監督の助監督を務める。
ポーランドのアーカイブ映像に精通しており、歴史を独自の社会的視点でとらえる作品で知られている。いずれも非人間的な現実を鋭く告発するドキュメンタリー作品でありながら、映像詩のような「美」にあふれている。『他人の手紙』は『私の叫びを聞け』(1991)、『希望の声』(2002)、『ポーランド人民共和国の一日』(2005)に続く「社会主義ポーランド4部作」の最終章になる。
アンジェイ・ワイダ監督『ワレサ 連帯の男』では『他人の手紙』のために発見されたアーカイブ映像が再引用されている。夫人はリトアニア出身の映画監督ヴィタ・ジェラケヴィチュテ。フェリック賞(ヨーロッパ最優秀ドキュメンタリー映画賞)、モンテカルロ映画祭グランプリ、サンフランシスコ映画祭金門賞、クラクフ映画祭銀の竜賞など、受賞多数。
昨年ポーランドのドキュメンタリー映画についてのシンポジウムで夫人とともに来日されている。

Maciej Drygas

Director/ Teaching at the Film School in Łódź.
Born in 1956, Lódź, Poland.
After graduated in film directing at the Gerasimov Institute of Cinematography in Moscow (1979), he became an assistant to Krzysztof Kieślowski in Poland. Dir. Drygas is known for his films on history with his own original social perspectives and also popular for master of archive documentary. His films are full of “beauty” like visually composed poem while they are documentary films that accusing keenly of inhuman reality. Violated Letters is the final chapter of “Tetralogy about the People’s Republic of Poland”, started from Hear My Cry“(1991), Voice of Hope (2002) and One Day in People’s Poland (2005). The document film archives which was discovered for Violated Letters was also recited in Dir. Andrzej Wajda’s Walesa, Man of Hope, too. Last year, Dir. Drygas visited Japan with Mrs. Drygas, Dir.Vita Żelakeviciute, for a symposium on Polish documentary films. Dir. Żelakeviciute has won a number of festival awards in, among others,Europe, Monte Carlo, San Francisco and Kraków.



ラファウ・リストパト

1978年、ポーランド生まれ。
映画編集。グダンスク映画大学教員。ドキュメンタリー映画・劇映画の編集に携わる。
『ワレサ 連帯の男』プロデューサー、ミハウ・クフィェチンスキ氏の監督作品『エキストラ』(2006年)の編集を担当し、翌年、ミレニャ・フィドレル氏とともに同氏製作の『カティンの森』の編集に携わる。

代表的な編集作品
『カティンの森』(2007年 アンジェイ・ワイダ監督) 、『局留めの手紙』(2008年 マルツェル・ウォジンスキ監督) 、『神のいない街』(2009年 ヤツェク・ペトルィツキ監督) 、『一覧表作り』(2010年 パヴェウ・ウォジンスキ監督) 、『他人の手紙』(2011年 マチェイ・ドルィガス監督) 、『黒い木曜日』(2011年 アントニ・クラウゼ監督) 、『AMBASSADA』(2013年、ユリウシュ・マフルスキ監督)
映画教育プロジェクト<世界の夜明けから夕暮れまで>の『東京の夜明けから夕暮れまで』(2011年)
ポーランド映画「鷲」賞最優秀編集賞ノミネート、ポツダム映画祭編集賞、コシャリン映画祭編集賞など。

Rafał Listopad

Editor/ Teaching at Gdynia Film School
Born in 1978, Poland.
After edited Dir. Michał Kwieciński’s Extras in 2006, Mr. Listopad edited Dir. Andrzej Wajda’s Katyn with Milenia Fiedler, which producer is Michał Kwieciński, who also produced Andrzej Wajda’s latest film, Wałęsa. Man of Hope.
In 2011, as one of the tutor, Mr. Listopad facilitated a workshop in Tokyo with Japanese students from film schools in the leg of “The World from Dawn till Dusk”, an international educational project on film making, started by Dir. Mirosław Dembiński and Dir. Maciej Drygas, who have been teaching documentary filmmaking at Polish National Film School in Lodz.

Major Work on Editing:
Extras (Statyści) – Director: Michał Kwieciński in 2006,
Katyn (Katyń) – Director: Andrzej Wajda, Editor: Milenia Fiedler, Rafał Listopad in 2007,
Poste Restante – Director: Marcel Łoziński in 2008,
A Godless City (Miasto bez Boga) – Director: Jacek Petrycki in 2009,
Inventory (Inwentaryzacja) – Director: Paweł Łoziński, Editor: Rafał Listopad, Dorota Wardęszkiewicz in 2010,
Violated Letters (Cudze listy) – Director: Maciej Drygas in 2011,
Black Thursday. Janek Wiśniewski fell (Czarny Czwartek. Janek Wiśniewski padł)
– Director: Antoni Krauze in 2011,
Abu Haraz – Director: Maciej Drygas in 2013,
AMBASSADA – Director: Juliusz Machulski in 2013.

Prizes:
Katyn nominated to The Eagle, Polish Film Award for Best Editor in 2008,
Melodrama – Potsdam International Festival of Film Schools, Award for Best editor in 2007
Ode to Joy (Oda Do Radości) – Koszalin “Młodzi i Film” Festival, Award for Best Editor, for “professional approach, gentleness and good energy” in 2006.

POSTED BY
Junko HONMA
Junko HONMA / Movie Journalist
「クリエイターとのダイアローグからそのさきへ。そんな“場”をつくっていけたら。」
2012年より映画の上映会や配信の運営、PR、TVドキュメンタリーの制作の現場を経て、“ことばで伝える”ことに立ち返り、表現を取り巻く状況が大きく変わりゆく時代の中で国内外で“領域”を越えて、新たな取り組みに挑戦しつづけるクリエイターのいまをお伝えします。本サイト「theatre tokyo/ creators park スペシャルインタビュー」ほか、ウェブマガジン『HYPEBEAST.JP』ではライフスタイル、カルチャーの翻訳を担当中。大阪の制作、エキストラで初参加させていただいた、リム・カーワイ監督作品『Fly Me to Minami~恋するミナミ~』DVD/iTunes配信も絶賛発売中!!