CP -ONLINE REPORT MEDIA from TOKYO・CREATORS PARK- 東京・クリエイターズパーク

  • YouTube
  • facebook
  • twitter
  • RSS
TOP | NEWS

DIYなシネマコンプレックスが出現!!「国立奥多摩映画館~森の叫び~」

2016.08.18 up
MOAO0814
       

輸入木材が優勢となる以前に林業で栄えていた「奥多摩」(*実際は青梅です)の旧製材所を共同アトリエに、「作る人」と「見る人」が直接出会い、互いに影響し合い、未来を築いていく場として2012年に誕生した「国立奥多摩美術館」。

「美術」とは何かを問い続けてきた館長の佐塚真啓を中心に、第3回となる今回、「国立奥多摩美術館」にDIYでシネマコンプレックス形式の「映画館」という環境を立ち上げ、約120年前にフランスのリュミエール兄弟によって映画が世界で初めてつくられ、公開されて以来、現代では投稿動画も含め、人類が時間と空間を留め、共有してきた映像とは何かについて考えることを試みる。

常設上映では、「美術」という枠組みの中で、「映像」を国内外で制作し、発表を続けている小鷹拓郎、山本篤、和田昌宏の3名の作品を上映し、また館内最大のスクリーンでは各日程で国内外で活躍する豪華ゲストを迎え、上映+トークイベントが開催される。
都心を離れ、通常の映画館では体験できない新たな出会いの機会をぜひ、お見逃しなく!!







「国立奥多摩美術館」第3回展覧会「国立奥多摩映画館~森の叫び~」

会期:8月20日(土)~9月25日(日)
※土日祝のみ、14日間の開館 
時間:12:00~20:00
会場:国立奥多摩美術館(東京都青梅市二俣尾5-157)
入場料:1,000円 (1日フリーパスチケット)

常設上映作家:小鷹拓郎、山本篤、和田昌宏
総合空間プロデュース:永畑智大、五十嵐茂

ゲスト上映作家 / 上映作品
8月20日(土)篠田 太郎 現代美術作家
13:00〜13:11「残響1」
14:00〜14:11「残響3」
15:00〜15:11「残響5」
16:00〜16:15「反射」
17:00〜17:14「エス・エフ」
18:00〜18:44「月面反射通信技術」
19:00〜20:00 トークゲスト:篠田太郎
20:00〜20:30 国立奥多摩映画館開会式 佐塚館長ご挨拶
20:30〜21:00 キャタラ祭り
21:00〜21:30 村上裕のハッピーライブ

8月21日(日)関野 吉晴 探検家・医師
13:00〜13:50「ギアナ高地」
14:00〜14:10「カヌーを一から使って航海する」
15:00〜15:50「カレーライスを一から作る」
16:00〜16:10「カヌーを一から使って航海する」
17:00〜17:50「ギアナ高地」
18:00〜19:00 トークゲスト:関野吉晴
19:10〜20:00「カレーライスを一から作る」

8月27日(土)吉増 剛造 詩人 /『まいまいず井戸』、『恋する石たち、青森のかぜ』
8月28日(日)相澤 虎之助(映像制作集団 空族) 映画監督・脚本家 / 監督作『花物語バビロン』、『バビロン2 -THE OZAWA-』
                                富田克也監督・共同脚本『国道20号線』、『サウダーヂ』
9月3日(土)ドキドキクラブ 映像作家
9月4日(日)川田 淳 アーティスト + 田中 良祐 アーティスト + 村上 裕 総合的統合芸術家
9月10日(土)坪田 義史 映画監督 / 劇場デビュー作『美代子阿佐ヶ谷気分』(安部慎一原作)、『でかいメガネ』
9月11日(日)山下 敦弘 映画監督 / 『午前3時の無法地帯』、ドラマ『超能力研究部の3人』(未ソフト化作品)
9月17日(土)嶺 豪一 映画監督・俳優 / 監督・脚本・主演作 長編『故郷の詩』、短編『よもすがら』
9月18日(日)平野 勝之 映画監督・AV監督 / 『人間らっこ対かっぱ』、『砂山銀座』、 『銀河自転車の夜』
9月19日(月)五十嵐 耕平 映画監督 /『息を殺して』
       ダミアン・マニヴェル 映画監督 /『若き詩人』
9月22日(水)COBRA ビデオアーティスト + 柴田 祐輔 現代美術作家 + 地主 麻衣子 美術 家 + 高田 冬彦 現代美術作家
9月24日(土)大木 裕之 映像作家

      
公式ウェブサイト:http://moao.jp

*ゲスト上映・トークイベントのタイムスケジュール等の詳細についてはフェイスブックページをご確認ください。

POSTED BY
Junko HONMA
Junko HONMA / Movie Journalist
「クリエイターとのダイアローグからそのさきへ。そんな“場”をつくっていけたら。」
2012年より映画の上映会や配信の運営、PR、TVドキュメンタリーの制作の現場を経て、“ことばで伝える”ことに立ち返り、表現を取り巻く状況が大きく変わりゆく時代の中で国内外で“領域”を越えて、新たな取り組みに挑戦しつづけるクリエイターのいまをお伝えします。本サイト「theatre tokyo/ creators park スペシャルインタビュー」ほか、ウェブマガジン『HYPEBEAST.JP』ではライフスタイル、カルチャーの翻訳を担当中。大阪の制作、エキストラで初参加させていただいた、リム・カーワイ監督作品『Fly Me to Minami~恋するミナミ~』DVD/iTunes配信も絶賛発売中!!