CP -ONLINE REPORT MEDIA from TOKYO・CREATORS PARK- 東京・クリエイターズパーク

  • YouTube
  • facebook
  • twitter
  • RSS
TOP | NEWS

絵コンテ作家と映画リサーチャーの愛あふれるドキュメンタリー『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』

2017.05.25 up
main
       

これまでハリウッド映画の名作に大きな貢献をしてきたにもかかわらず、その多くはクレジットされることがなかったハロルド&リリアン・マイケルソン夫妻に光を当てたドキュメンタリー『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』。本作で紹介される絵コンテ作家、プロダクション・デザイナーである夫ハロルドと、映画リサーチャーとして活躍してきたリリアンの仕事は、まさに1950年以降のアメリカの映画界の歴史そのものだ。

2人のキャリアの背景は興味深い。『十戒』(1956、セシル・B・デミル監督)の絵コンテで注目を集めるようになり、多くの巨匠の作品において、映画史に残る名シーンの数々を絵コンテから生み出したハロルド。脚本から視覚化されるハロルドのヴィジョンには、第2次世界大戦でパイロットとして戦闘機から都市を俯瞰していた経験も大きいという。ハロルドと駆け落ちのようにハリウッドに移り、結婚し、出産したリリーは妻として母として家庭にいた。独立プロダクションの先駆けであったサミュエル・ゴールドウィン・スタジオでハロルドが『ウェスト・サイド物語』(1961、ロバート・ワイズ、ジェローム・ロビンス監督)の絵コンテを担当していた時、リサーチライブラリーのボランティアの募集があった。女性の主な職業がタイピストだった時代、リリアンは映画リサーチャーのアシスタントとしてのキャリアをスタートし、アルフレッド・ヒッチコック監督の『鳥』(1963)では、夫婦で「チーム」として仕事をした。孤児として育ち、本によって想像の世界の豊かさの意味するものを身を持って知っていたリリアンは、リサーチャーとしての仕事を愛し、人脈を最大限に駆使して、フィクションとしての映画がリアリティあるものとなるように一心に製作を支えた。

1969年、映画産業の浮き沈みで閉鎖の危機にあったライブラリーをリリアンは買い取り、アメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)内にリリアン・マイケルソン・リサーチ・ライブラリーを立ち上げた。立ち退きを迫られた80年には、「撮影所とリサーチ図書館を所有する昔ながらの映画会社を持つという夢」を持っていたフランシス・フォード・コッポラのゾエトロープ・スタジオに招かれ、95年にはスティーヴン・スピルバーグがドリーム・ワークスへ誘い、2010年のリリアンの退職後は、リリアンのリサーチライブラリーはカルフォルニアにある美術監督組合(ADG)に移されている。AFI時代にはデヴィッド・リンチ監督が、ゾエトロープ時代にはコッポラ監督が毎日のように通い、ジム・ジャームッシュ監督やミュージシャンのトム・ウェイツら、多くのアーティストが訪れるライブラリーだったという。

ハロルドのアーティスティックで詩的な才能は、リリアンの誕生日や母の日、結婚記念日などにかかさず贈られた、愛情たっぷりのハンドメイドのアニバーサリーカードにも発揮され、ふたりの人生の折々のエピソードとともに語られるのも見所。もう一つ、本作品ではハリウッドの映画産業従事者のための介護施設での暮らしをリリアンを通して見せてくれているところも興味深い。本作を観たら、ふたりの携わった名作の数々をきっともう一度観たくなってしまうにちがいない。



『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』

監督:ダニエル・レイム
主演:ハロルド&リリアン・マイケルソン/アルフレッド・ヒッチコック/フランシス・フォード・コッポラ/メル・ブルックス/ダニー・デヴィート ほか
2015年/アメリカ/94分/英語/日本語字幕:原田りえ
原題:Harold and Lillian: A Hollywood Love Story
宣伝:サニー映画宣伝事務所
配給:ココロヲ・動かす・映画社○

公式サイト:http://www.harold-lillian.com

2017年5月27日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA
ほか全国ロードショーロードショー!



『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』(C)2015 ADAMA FILMS All Rights Reserved
POSTED BY
Junko HONMA
Junko HONMA / Movie Journalist
「クリエイターとのダイアローグからそのさきへ。そんな“場”をつくっていけたら。」
2012年より映画の上映会や配信の運営、PR、TVドキュメンタリーの制作の現場を経て、“ことばで伝える”ことに立ち返り、表現を取り巻く状況が大きく変わりゆく時代の中で国内外で“領域”を越えて、新たな取り組みに挑戦しつづけるクリエイターのいまをお伝えします。本サイト「theatre tokyo/ creators park スペシャルインタビュー」ほか、ウェブマガジン『HYPEBEAST.JP』ではライフスタイル、カルチャーの翻訳を担当中。大阪の制作、エキストラで初参加させていただいた、リム・カーワイ監督作品『Fly Me to Minami~恋するミナミ~』DVD/iTunes配信も絶賛発売中!!